こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

聖なる怠け者の冒険

3.5 3.5 (レビュー7件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,680 円
この書籍に関連するページ
第11回 本屋大賞 / 9位
いいね!

    「聖なる怠け者の冒険」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      ゆるい(´Д`;)
      めちゃめちゃ内容はユルいです。
      作家さん特有の文体で楽しむ感じじゃないでしょうか。
      キャラも楽しいのでこういうのは漫画っぽい。
      たしかコミック化されたのもあったはず。
      小説家ですが漫画家に例えたら、絵柄が好き♪とかそういう漫画家の部類じゃね?

      でもコレ、たのしかったです。

      (amazon解説)
      1年ほど前からそいつは京都の街に現れた。虫喰い穴のあいた旧制高校のマントに身を包み、かわいい狸のお面をつけ、困っている人々を次々と助ける、その名は「ぽんぽこ仮面」。彼が跡継ぎに目をつけたのが、仕事が終われば独身寮で缶ビールを飲みながら「将来お嫁さんを持ったら実現したいことリスト」を改訂して夜更かしをすることが唯一の趣味である、社会人二年目の小和田君。当然、小和田君は必死に断るのだが…。宵山で賑やかな京都を舞台に、ここから果てしなく長い冒険が始まる。
      朝日新聞夕刊連載を全面改稿、森見登美彦作家生活10年目にして、3年ぶりの長篇小説。
      >> 続きを読む

      2018/08/25 by

      聖なる怠け者の冒険」のレビュー

    • 評価: 5.0

      著者の作品の中で、一番最初に読んだ。
      ジャケ買いです。

      他の作品よりも読みやすかった。
      面白かったです。

      2017/06/17 by

      聖なる怠け者の冒険」のレビュー

    • 評価: 評価なし

      恐らく読み終えるのに1ヶ月はかかった。
      私自身、読むスピードは恐ろしく遅いけれど、今回は特に遅かった。
      なぜならつまらなかったから。

      話としてはいつもの同じような、私が大好きなモリミーワールドなんだけど、何だが心踊りそうで、いまひとつ踊らしてくれない感じ。
      朝日新聞での連載のため、童貞臭さがからっきし抜けてしまったような。
      四畳半王国見聞録までは普通に面白いと思っていたので、今回はたまたま自分に合わなかっただけだと信じたい。 >> 続きを読む

      2017/01/03 by

      聖なる怠け者の冒険」のレビュー

    • 新刊の「夜行」を積読してるのですが復活してるかな~(ドキドキ)。

      2017/01/06 by ybook

    • >>ybookさん 先日kindleで「夜行」の一話だけ試し読みができたのだ読んでみたのですが、ダークな時の森見登美彦で良かったですよー!
      最近ファタジーな作品ばかりでちょっと食傷気味だったのやも…
      >> 続きを読む

      2017/01/07 by れのお

    • 評価: 評価なし

      あー面白かった!!森見ワールド全開!!
      祇園祭宵山の土曜日。主人公の小和田君は怠ける事に必死。
      でも恩田先輩やその彼女の桃木さん、謎の浦本探偵や助手の玉川さん、そして怪人ぽんぽこ仮面がそれを許さない。
      怠け様としているのに次から次へと沸き起こる事件(?)。その黒幕は、某巨大組織?謎のアルパカそっくりの五代目や、土曜倶楽部、日曜倶楽部...到底怠けられる状況ではないのに、小和田くんはそんな中でも怠ける!!
      なるようになる。その精神が、実は1番問題解決の近道だったりする。
      いや、小和田くんの怠けっぷりは見事!!わたしも蔵の中で座布団に埋れて眠りたい...。笑
      『宵山万華鏡』と『有頂天家族』とちょこちょこリンクしてるのも面白い。
      >> 続きを読む

      2014/12/19 by

      聖なる怠け者の冒険」のレビュー

    • 「怪人ぽんぽこ仮面」とか「謎のアルパカそっくりの五代目」とか、レビューからでも不思議な世界が伝わってきます☆

      そしてそんなに「怠ける」ことに着目?した作品というのも珍しいですよね笑。
      >> 続きを読む

      2014/12/19 by chao

    • 私も怠け者なんで、読んでもいないのに共感しました☆
      「聖なる」とつけば、どんな言葉でもランクが上がりそうですね~(*゚ー゚*)

      >謎のアルパカそっくりの五代目
      た、、たまらないっ(〃ω〃)
      >> 続きを読む

      2014/12/19 by あすか

    • 評価: 3.0

      森見さんが第2回京都本大賞を受賞された本です。
      怠け者の小和田くん、謎のぽんぽこ仮面。
      一見全く接点のなさそうな二人を中心に展開される奇妙な祇園祭の1日のお話です。

      第4章以降は疾走感ある描写をされていてよかったです!
      所々で○曜倶楽部等、森見さんの本を読まれたかたははっとするような仕掛けもあります。
      個人的にですが、怠け者の小和田くんとは裏腹に、作中にででくる恩田先輩と桃木さんの充実した土曜日を徹底的に追及するという考え、とても共感できました。

      そして、この本全体を通して感じられたのは、ヘンテコだっていいじゃないか。だって本日も充実した日だったのだから。。
      皆さん、よき週末を!
      >> 続きを読む

      2014/12/03 by

      聖なる怠け者の冒険」のレビュー

    • >謎のぽんぽこ仮面。

      同類の匂いがするんですよねーw

      2014/12/03 by makoto

    • >同類の匂いですか!?

      2014/12/07 by missy

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    31人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    セイナルナマケモノノボウケン
    せいなるなまけもののぼうけん

    聖なる怠け者の冒険 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本