こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

私の裏切り裏切られ史

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 花登筐
いいね!

    「私の裏切り裏切られ史」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      脚本家または演出家として、テレビ草創期から第一線で活躍した作者が他人を裏切ったり裏切られた仕事遍歴。コンプライアンスなんて言葉はないが、局とスポンサーには逆らえられなかった時代に、仁義や恩義を重んじる作者は、相当理不尽で悔しい思いをしてきたのがうかがえる。ほとんどが実名で書かれていて、特に、元妻の女優(これに関しては実名なし。周知のことということか)と当時の有名コメディアンに対しては大きな裏切りだったと書いているが、私怨をぶち撒ける激しさよりも、虚しさや悲哀を感じる。ゴシップよりも仕事に対する壮絶ともいえる向き合い方が印象に残った一冊。
      >> 続きを読む

      2019/10/05 by

      私の裏切り裏切られ史」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    私の裏切り裏切られ史 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本