こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

人口減少社会という希望

コミュニティ経済の生成と地球倫理
3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 人口、土地、資源
定価: 1,470 円
いいね!

    「人口減少社会という希望」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      高度成長社会を超えて初めて論議されるようになったテーマであろ。結句は「幸福とは何か」に極まるのだけれど、経済成長にしか幸せを見いだせなかった時代を脱却しつつある状況は紛れもなく「希望」だ。
      著者は二極化する現代を冷ややかに見て、別の形を提起してくれているのだ。都市のあり方としては多極集中なるビジョンを示しているし、世界宗教の立ち位置さえも人類史の立場から(それなりに)公正に見定めていて好感が持てる。

      2014/08/26 by

      人口減少社会という希望」のレビュー

    • 何か、新しい視点が見つけられそうですね。
      >幸福とは何か
      難しいですよね…。

      >> 続きを読む

      2014/08/27 by coji

    • >幸福とは何か

      人それぞれですからねぇ......

      2014/08/27 by Ject


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ジンコウゲンショウシャカイトイウキボウ コミュニティケイザイノセイセイトチキュウリンリ
    じんこうげんしょうしゃかいというきぼう こみゅにてぃけいざいのせいせいとちきゅうりんり

    人口減少社会という希望 - コミュニティ経済の生成と地球倫理 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本