こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

街道をゆく

カテゴリー: 日記、書簡、紀行
定価: 546 円

人口は少ないが、アイルランドは堂々たる「文学大国」。ジョナサン・スウィフトやオスカー・ワイルド、W・B・イェイツ、ジェイムズ・ジョイスなどを生んだ。隣のイギリスとは、政治的にも宗教的にも長く戦ってきた歴史をもつ。ロンドンで漱石を想い、リバプールでビートルズを感じ、ダブリンへ。ケルトの魂に触れつつ、躍動感のある旅がはじまった。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「街道をゆく」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      朝日新聞出版 (2009/03)

      著者: 司馬遼太郎

      • 評価: 3.0

        アイルランド紀行はイギリスから始まり、アイルランドに行くまでに、ロンドン、リバプールを旅する内容でほぼ半分。
        もちろんイギリスはアイルランドを語るにあたり触れずにはおけない国なので、その前振りもかなり興味深く読める。

        この街道をゆくシリーズでは、海外に行く旅が特に面白く読めている。
        今回はアイルランドの作家のことが多く触れられていて、特に読みたくなったのが、司馬さんが自らを落第の読者であると言っている、ジョイスの「ユリシーズ」。
        果たして自分にはどう読めるのか?

        2014/08/30 by

        街道をゆく」のレビュー

      • 「街道をゆく」ってアイルランドまで行っちゃうんですね。驚きです!あまり知らない国ですがとても興味あります☆ >> 続きを読む

        2014/08/31 by chao


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    カイドウオユク
    かいどうおゆく

    街道をゆく | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本