こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

乱反射

3.9 3.9 (レビュー5件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 861 円

地方都市に住む幼児が、ある事故に巻き込まれる。原因の真相を追う新聞記者の父親が突き止めたのは、誰にでも心当たりのある、小さな罪の連鎖だった。決して法では裁けない「殺人」に、残された家族は沈黙するしかないのか?第63回日本推理作家協会賞受賞作。

いいね! ooitee

    「乱反射」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      冒頭に2歳の幼児が死ぬということが分かっている。
      その上で過程を読むのだかtら中々にヘビーだ。

      複数の人物が絡むことによって生まれる事件。
      その誰もがちょっとずつ関わって起こることで、責任や行為の重さがのしかかって来る。

      誰が悪くて良いのかという線引きが難しい。
      そもそも被害を食らった当事者ですら困惑する状況。
      些細なモラルが負の連鎖となってゆく展開。

      気持ちの整理は待っていてもしょうがない。自分でつけるものという言葉は納得せざるを得ない心境だ。
      >> 続きを読む

      2019/06/16 by

      乱反射」のレビュー

    • 評価: 4.0


      「慟哭」でお気に入りの作家のひとりになった貫井徳郎の「乱反射」を読了。

      この作品は、直木賞を逃したものの、第63回日本推理作家協会賞を受賞した、骨太の社会派エンターテインメント小説の傑作だと思う。

      強風の夜、倒れた街路樹の下敷きになり、幼児が死んだ。
      事故はなぜ起きたのか?

      受け入れを拒んだ救急外来、放置された自動車。
      犬の糞を拾わぬ尊大な老人、主婦の気まぐれな市民運動、事なかれ主義のお役所仕事-------。

      死亡した幼児の父である新聞記者が、ひとり真相を訪ね歩く。
      そして、彼が辿り着いたのは、人々のエゴの"乱反射"が幾重にも重なり合った、理不尽な現実だった-------。

      嫌な話の前半、考えさせられる後半という構成が実に素晴らしく、我々自身が、いつでも殺人者になり得るかもしれないというリアルさが満載なんですね。

      我々が生きるこの世界そのものの実相を、リアルに奥深く描いた、まさに現実感あふれる傑作だと思う。

      >> 続きを読む

      2018/05/21 by

      乱反射」のレビュー

    • 評価: 5.0

      すごく良かった。
      圧巻だった。
      小さな川が何本も合流し、大きな流れとなり、その流れにたまたま飲み込まれ悲劇が生まれる。
      不運と呼ぶにはあまりにも過酷である。憤りを、悲しみを、大きな負の昂ぶる感情を、ぶつける主たる相手がいない苦しみはどこで浄化すればいいのだろう。
      これは、個人主義を履き違えた利己主義への警鐘なのだろうか。
      小さな罪は至るところで創られる。
      加山のように気付く。
      加害者は、私達自身でもあることに。
      その小さな罪が、くだらない矜持や見栄、怠惰、優柔不断などの人の弱さに因るものであることがやり切れない。
      >> 続きを読む

      2017/11/19 by

      乱反射」のレビュー

    • 評価: 3.0

      重くて悲しい話でしたが、本当に面白かったです。とくに事故が起きてからはジェットコースターのように展開が早くて一気読みでした。小さな罪が繋がるときに悲劇が起きてしまう。とくにラストは衝撃でした⁉最後に真犯人が現れます。

      2014/09/18 by

      乱反射」のレビュー

    • >とくにラストは衝撃でした⁉

      見てみたいですね!!
      衝撃を受けたいです!!
      >> 続きを読む

      2014/09/18 by RAY-ROCK

    • ジェットコースターのように展開していく本、好きです!
      寝不足になっちゃいますが笑。

      2014/09/18 by chao

    • 評価: 3.0

      久しぶりに貫井徳郎の名作を読了。
      ひとつの事柄がそれぞれ別の視点から描かれ
      それらが連鎖となって悲劇が起きるという
      かなり凝った作品である。
      文章は淡々としていながら清明で読んでいる間
      没頭できる作品である。
      こうした悲劇が作者の中では多いようだが
      ユーモアミステリももっと多く書いてほしい。
      >> 続きを読む

      2013/10/23 by

      乱反射」のレビュー

    • うーんなるほど。
      だから乱反射なんですねー

      2013/10/23 by makoto

    • > ひとつの事柄がそれぞれ別の視点から描かれ
      それらが連鎖となって悲劇が起きる

      これは面白そうですね♪
      読みたい読みたい!!
      >> 続きを読む

      2013/10/23 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    15人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ランハンシャ
    らんはんしゃ

    乱反射 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本