こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

あなたと短歌

3.5 3.5 (レビュー1件)
著者: 知花くらら永田和宏
いいね!

    「あなたと短歌」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      初めて、知花くらら、さんを知りましたが、もう歌人ですね。

      途中で、くららさんの歌もでてくるんですが、その素敵なこと。

      歌人の永田和宏さんとの対談形式で、短歌の詠み方を伝授。

      途中、沢山の歌がでてくるんですが・・・・気に入ったのが、

      一日が過ぎれば一日減ってゆく君との時間もうすぐ夏至だ (永田和宏)

      ねむいねむい廊下がねむい風がねむいねむいねむいと肺がつぶやく (永田和宏)

      両耳を洗濯ばさみで留められてミッキー干さるる冬のベランダ (久野茂樹)

      清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢う人みなうつくしき (与謝野晶子)

      ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲 (佐々木信綱)

      舗道には何も通らぬひとときが折々ありぬ硝子戸のそと (佐藤佐太郎)

      たとえば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらって行ってはくれぬか (河野裕子)

      はんだごてまにあとなった恋人のくちにおしこむ春の野いちご (穂村弘)

      画家が絵を手放すように春は暮れ林のなかの坂をのぼりぬ (吉川宏志)

      観覧車回れよ回れ想ひ出は君には一日我には一生 (栗木京子) 一日ひとひ、一生ひとよ

      団栗はまあるい実だよ樫の実は帽子があるよ大事なことだよ (小島ゆかり)

      など、例にあげながら、いろんなことを説明される

      短歌は日記とは違い「出会いに附箋を貼る」とは、云いえて妙。
      そして、日常を詠む。自然詠とは。初句の大切さ。結句病に注意。
      直喩の発見の喜び。リフレインとは。・・・・・・・など。

      マーカーを塗って、何度も読みかえしたい本・・・・・
      図書館に返したはあとは、買わなければ、ですか。
      >> 続きを読む

      2018/02/19 by

      あなたと短歌」のレビュー

    • くららさん、綺麗な人だな〜くらいの印象しかありませんでしたが、多才な方なんですね。育児中の身としては気になるのはやっぱりミッキーの歌です♪うちのベランダにはミニーちゃんが干されています笑。 >> 続きを読む

      2018/02/21 by chao

    • >chao さん おひさしぶりです。
      昨年の秋からふとしたきっかけで、短歌をかじっています。
      日常のささいなことを切りとって短歌に、・・・日記代りに書き留めています。

      ごまめ短歌

      スッキリと胃がなくなって妻映る鏡に向かっておはようという
      >> 続きを読む

      2018/02/22 by ごまめ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    あなたと短歌 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本