こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

文豪ストレイドッグス太宰治の入社試験 (角川ビーンズ文庫)

3.2 3.2 (レビュー5件)
著者: 朝霧 カフカ
定価: 588 円
いいね!

    「文豪ストレイドッグス太宰治の入社試験 (角川ビーンズ文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      本編より2年前、太宰治と国木田独歩の出会い。

      (-ω-;)ウーン楽しみにしてたんだけど…こんなもんかな?
      漫画向きの作品。
      私でも分かる黒幕(笑)


      軍や警察に頼れないような危険な依頼を専門とする異能力を使う“武装探偵社”
      その探偵社に太宰治が入社
      入社試験も兼ねた事件の調査に国木田が先輩(兼試験官)として付くことに
      太宰チャラチャラした感じで自殺願望のあるおかしな男で
      理想を追う現実主義、現実を往く理想主義の国木田は太宰の態度にイライラするが
      まずは依頼人不明の幽霊屋敷事件を捜査を2人ですることに…
      これが横浜旅行者誘拐事件と繋がり臓器売買に絡んでいた
      国木田と太宰は行方不明の女性1名を保護したが目の前で4名が死亡。
      この失態が隠し撮りされてて世に流れ探偵社は批判を浴びることになる

      そして前回と同じ人物からまた仕事の依頼が
      今度は《蒼の使徒》の名前が書いてあったが
      その名前はテロ事件で亡くなったテロの首謀者?蒼王〟に因んだもので
      探偵社に恨みのある者と思われた


      証拠の残らぬ誘拐を続けたタクシー運転手
      国内では犯罪者であるという資料すらない爆弾魔アラムタ
      違法臓器売買を行い武器を輸入しようとした武器商人

      それをそうとは分からない様に陰で操る黒幕


      すべてはある人への想いに囚われての行動だけど
      自分の気持ちのもって行き場が探偵社で
      前に進むのが間違った方向なのは自覚済み
      なんだろうねぇ……(-ω-;)ウーン
      理想だけでは生きていけないさ

      元をただせばある思惑が働いて巡り巡っての事件で
      探偵社はいい迷惑(*´Д`)=з
      それと田口少年には生きてて欲しかったな・゚・(ノД`)・゚・。





      エピローグが本編に繋がってていいわ
      >> 続きを読む

      2018/02/13 by

      文豪ストレイドッグス太宰治の入社試験 (角川ビーンズ文庫)」のレビュー

    • 評価: 3.0

      アニメ見たのですんなり頭に入った。キャラは太宰が好きだけど、凄いのは乱歩さん。

      2017/07/07 by

      文豪ストレイドッグス太宰治の入社試験 (角川ビーンズ文庫)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      昔の作家の名前のキャラクターが探偵になって異能力を使って事件を解決していく話。
      途中までコンセプト先行でストーリーはどうかなーと思ってたけど、全体としてはちゃんと作り込まれてて良くできた話になっていたかなと思う。
      古臭い文体や単語も好き。コミカルなキャラクターもいい。

      2017/05/25 by

      文豪ストレイドッグス太宰治の入社試験 (角川ビーンズ文庫)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      コミック、アニメは未読、未視聴。タイトルを聞いたことがある程度の知識で借りた。登場人物たちの異能力の設定がオリジナリティーに欠ける部分はあるが、読みやすく情景がイメージしやすい文章は好感が持てた。読んでいて面白かったので本を買ってもいいかなとも思ったが、女性向けレーベルで出ているので図書館で我慢する。続きがあれば図書館で借りて読んでみるとともに、アニメもチェックしてみたい。

      2017/01/12 by

      文豪ストレイドッグス太宰治の入社試験 (角川ビーンズ文庫)」のレビュー

    • 澄美空様>コメントありがとうございます。
      >すみません、ベラベラと自分のこと喋ってしまってm(__)m

      いえいえ。気になさらないでください。
      >> 続きを読む

      2017/01/12 by おにけん

    • ashsavior様>始めまして。コメントありがとうございます。
      内容は異能力バトル+探偵ものといったところです。興味がありましたらぜひ読んでみてください。
      >> 続きを読む

      2017/01/12 by おにけん

    • 評価: 評価なし

      文豪と同じ名前の別人が、探偵として様々な問題を解決するお話。
      登場人物である彼らの異能力の名前などが、実際の本人たちの作品に絡めてあるのが、思わずニヤリとしてしまうところ。
      マンガのほうは読んでないんだけど、こちらも読んでみようかな。

      国木田くん(国木田独歩だよね?)や種田さん(種田山頭火でしょう?)は、名前は知っているけど読んだことがないので、「読んでみようかな…」と思ってみたり。
      モデルとなっている文豪の作品を読むきっかけになるかも。

      2014/08/24 by

      文豪ストレイドッグス太宰治の入社試験 (角川ビーンズ文庫)」のレビュー

    • >モデルとなっている文豪の作品を読むきっかけになるかも。

      これは有りそうですね。

      艶やかな女流作家とかは出て来ないもんだろうか(笑)
      >> 続きを読む

      2014/08/24 by suppaiman


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    文豪ストレイドッグス太宰治の入社試験 (角川ビーンズ文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本