こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)

4.3 4.3 (レビュー3件)
著者: 出口 治明
定価: 864 円
いいね!

    「本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法。出口治明先生の著書。生命保険会社の創業者で実業家としても大成功されている出口治明先生。大の読書家で本博士、謙虚に誠実に本と向き合っていて、知識自慢や読書自慢とはまったく無縁。凡人は本で学んだ内容を知識自慢としてひけらかしたりしてしまうものだけれど、それでは真の読書家とは言えないのかも。読書家を自称するのなら、出口治明先生のような読書家、本博士を目指したいものです。

      2018/12/28 by

      本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      勉強のススメで読書が大切だと痛感。でも一冊一分でインプットしていくというのはどうにもこうにも?が残ったので、自称活字中毒者の出口さんの本をチョイス。

      「私はこんなに本を読んだのだからこんな立派になったのです」的な自慢本だったら嫌だなと思いが少しあったが、その懸念は完全に払しょくされ。人間なんて所詮みんなちょぼちょぼだから、いかに豊かに自由に生きるために、マイルールを決めて本を沢山読んでみては?という感じ。そうですよね。本の読み方も人それぞれ。ありがとう出口さん。

      新聞で1番有益な情報は書評欄だと語る著者。委員会があり、名だたる先生が自分の名義で寄稿するのだから下手なことは書かないとのこと。そういう著者が目的別にお薦めの本を紹介しているのですが、どれも読みたくなる。1万冊以上読んだ人が自分の名前を出して書く。保険の事業にだって大いに影響するかもしれません。そういうことか、そりゃ下手な本が紹介されるはずがないw

      備忘録までに、子育て中だからか「あなた自身の社会 スウェーデンの中学教科書」は是非読んでみたい。そして美智子様のおことばを書籍化した「橋をかける 子供時代の読書の思い出」も是非とも。

      ちなみにこの本は図書館で目立つ所に置いてありました。出口さん、さすが司書さんですね!
      >> 続きを読む

      2018/08/29 by

      本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      作者が本と向き合う姿勢がとても素敵だった。作者と一対一で語り合うのが読書。簡単に血肉になる本なんてない。自分できちんと咀嚼して腑に落ちるまで考える。それを繰り返すことで精神が鍛えられる。古典をもっと読みたいと思った。

      2015/02/06 by

      本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)」のレビュー

    • 一行足りとも読み飛ばしてはいけない。

      なんて言うスタンスのストイックな著者さんからしたら、何冊も並行して読むという読書スタイルを怒られてしまいそうです... >> 続きを読む

      2015/02/06 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    9人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本