こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

僕は小説が書けない

3.8 3.8 (レビュー3件)
著者: 中田 永一中村 航
定価: 1,620 円
いいね!

    「僕は小説が書けない」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      Podcastの本についての番組でラジオドラマみたいなのを事前に聞いていて、図書館で見かけて借りてみた。

      「お前は太宰とは全然違う!
      ただ、お前と太宰の間には大差はねえんだぜ!」

      というセリフが頭に残っていて、オモシロおかしい話がメインかなと思っていたらストーリーも良くできてて楽しめた。

      有名作家2名の共著で、しかも小説自動生成ソフトだとかを使用してできたお話だそうだ。
      >> 続きを読む

      2016/10/14 by

      僕は小説が書けない」のレビュー

    • 評価: 4.0

      生まれた時から不幸体質の光太郎は親しい友人もなく、家族にも悩んでいる。
      高校に入学した光太郎は、先輩・七瀬の勧誘によって廃部寸前の文芸部に入ることになった。
      幸太郎には中学生のとき小説を書こうとして途中で挫折した経験があり…。

      ◆2人の作家が書いているけど、どちらがどこを書いたのかはよく判らないです。あまり気にせず、気にならず読了しました。
      廃部寸前の文芸部に入部した主人公。部の存続のために文芸誌を出す=作品を書かなくてはならない。さて、作品を書くことはできるのかという、部活モノに、勧誘してきた先輩・七瀬への恋物語がプラスされます。
      そこにユニークな先輩たち、特にOBでゲーム制作に携わる原田と大きなことを言いつつも作品を誰も見たことのない御大が、物語を盛り上げます。
      物語を理論的に作っていく方法を指導する原田と、感じるままの情熱で描こうとする御大。
      その両方が作品を作ることには必要なんじゃないの?と私としては思うのだけど。
      でも、物語を作り上げることが出来るだけでスゴイと思うけどね。
      ともかく青春どまんなか!って感じの話で、面白かったです。
      >> 続きを読む

      2014/12/17 by

      僕は小説が書けない」のレビュー

    • 作家が二人で書くってどんな感じなんでしょうね。
      文体とかも変わらずに書くってある意味スゴイです。。 >> 続きを読む

      2014/12/17 by chao

    • chaoさん>
      作家2人の共作ってどうやって作っているか興味ありますね。
      でも共作の違和感を感じなくってビックリでしたわ。 >> 続きを読む

      2014/12/22 by むつぞー

    • 評価: 3.0

      生まれながらに不幸を引き寄せてしまう光太郎。
      高校で文芸部に所属することになった光太郎は
      個性的なメンバーにもまれながら、小説の書き方、自分の生き方を模索していく。
      人気作家二人による、奇蹟の青春小説・・・
      らしいのですが。


      ある意味、期待通りといいますか・・・屈折した少年を書かせると流石だなぁ・・・と思います。
      うまいです。

      ただ、以前、中田永一=乙一氏が『作家の読書道』で書かれていた
      『シナリオ入門』で書かれていたような、ミッドポイントやプロットについて多くの枚数が割かれているかと思えば
      プロットそのものを否定するような書き手も登場し
      光太郎に影響を与えて行きます。

      ただ、ヒロインの名前が(どちらが考えられたかはわかりませんが)
      自作の(割と有名な作品)の名前に似ているのはどうなのかな・・・と思いました。

      文芸部の面々も、非常に個性的であったにもかかわらず
      もっと、話が広げられた気がします。

      個人的には『本をめぐる物語 一冊の扉』に収録されている
      中田英一著『メアリー・スーを殺して』の方が好きです。
      >> 続きを読む

      2014/11/04 by

      僕は小説が書けない」のレビュー

    • >僕は小説が書けない

      一方で小説の自動作成ソフトも存在するんですよね。
      少し前に非常に精度の良いものが開発されたとニュースになっていました。

      人工知能は東大合格を目指すと言いますし、なんだかスゴイ世の中になって来ましたなぁ。
      >> 続きを読む

      2014/11/05 by suppaiman

    • >人工知能は東大合格を目指すと言いますし、なんだかスゴイ世の中になって来ましたなぁ。

      「東ロボくん」
      暗記系の科目なんて余裕だろう?と思ったらそんな単純でも無いみたいですし。

      個人的には棋士対コンピューター戦も興味がありますね!!

      >> 続きを読む

      2014/11/06 by きみやす


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    僕は小説が書けない | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本