こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

営繕かるかや怪異譚

4.0 4.0 (レビュー4件)
著者: 小野 不由美
定価: 1,620 円
いいね!

    「営繕かるかや怪異譚」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      新しい!感覚です。
      各回に霊が出てくるけど、うめくわけでも襲ってくるでもなく、とても静かにそこにいる、のがほとんど。
      けど、逆にそれが怖い!
      派手じゃない分本当に日常にありそう。
      この世のものじゃないものに対するマナー、しきたりなどを破った時の呪い、といった日本的な怖さがありました。

      営繕屋さんは霊媒師でもなんでもなく、彼もまた派手なことをするわけでもなく、家を営繕することでサラリと状況を変えてくれます。
      そして主人公たちが恐怖から解放され、逆に霊に対する理解をし優しい気持ちになれる。
      後味の良い読み心地です。
      >> 続きを読む

      2016/10/04 by

      営繕かるかや怪異譚」のレビュー

    • 評価: 評価なし

      救いはあったはずなのに、このじんわりと残るうすら寒い怖さはなんだろう。
      読むのを躊躇するほどの恐怖描写もないから普通に読み進めてしまうんだけど、なんか日常のちょっとした隙間にふと世界がつながってしまような。それでも続きが出たら絶対読んでしまうと思います。
      ああ、しかもできるならこれの長編も読んでみたい。

      2016/02/18 by

      営繕かるかや怪異譚」のレビュー

    • 評価: 5.0

      司書さんに勧められて。
      十二国記の小野不由美さん。

      古い家に住む事になった家族が、それぞれに先住?の怪異に悩まされる話。
      最後に霊能者でも霊感もない基本大工の尾端さんが現れ、
      困っている住人と怪異の妥協点を探って、すっきり改修して解決する。
      短編6つなので、非常に読みやすい。
      波津彬子さんや今市子さんの「百鬼夜行抄」が好きな方なら楽しめると思う。

      ドラマ化などされると古い家の作りがわかりやすいかなぁと思いながら読書。
      連載は続いているそうなので、続編も楽しみ。

      >> 続きを読む

      2015/05/05 by

      営繕かるかや怪異譚」のレビュー

    • >司書さんに勧められて。
       こういう本を通した人間関係いいですね。もしかしたら、これこそ本の本来の役割なのかも。 >> 続きを読む

      2015/05/05 by 素頓狂

    • 素頓狂さん

      コメントありがとうございます。
      気の合う人と本の話をする事や、本を薦めてもらうのは、とても楽しいですね。
      読書ログのレビューを見て、知らなかった本を読むきっかけにしていきたいです。
      >> 続きを読む

      2015/05/06 by kucoma

    • 評価: 5.0

      ―【営繕】の意味
      建造物の新築と修繕のこと。(三省堂『新明解国語辞典』第四版より)
      一般的には模様替(リフォーム)なども含む。

      ―【かるかや】の意味
      山野に自生する多年草。葉はイネに似て、秋、ムギの穂に似た小さい花を葉のわきにつける。高さは1.5メートルくらいに達する。(三省堂『新明解国語辞典』第四版より)
      ―内容紹介より抜粋。

      営繕屋・尾端が住居にまつわる怪異を修繕し、対処していきます。
      霊媒師ではないので、中には完全に解決できない話もあります。
      その時は住人が見ない振りをすることが出来る、生活をしてて困らないレベルまで修繕。

      そんな6編の物語です。

      主人公である営繕屋さんですが、最後にささっと修繕して解決をするため、本当に目立ちません!
      6編の困っている住人たち視点で物語が進んでいきます。
      かゆいところに手が届く、そんな印象です。

      全ておもしろかったのですが、強いて一番を挙げるなら「檻の外」です。
      一番ドロッとした人間模様が描かれていたな、と。
      閉じ込められて亡くなった男の子が哀しい。

      「知人の営繕屋が~」「友達が~」・・・つまり、この地域だけは尾端さんがいるから何かあっても安心なんですよね。
      もしうちの家で何かあったら誰を呼べばいいんだろう。
      なーんて物語と現実を混同させながら思わず考えてしまったのでした。

      現在も怪談専門誌「幽」で連載中だそうです。
      続きが楽しみです!!

      ・・・小野さん、十二国もお願いします・・・爆
      >> 続きを読む

      2015/01/28 by

      営繕かるかや怪異譚」のレビュー

    • あすかさん。

      ありがとうございます。

      了解です(^^)v

      >> 続きを読む

      2015/02/05 by 澄美空

    • 美空さん
      はーい、楽しみにしています!(*^_^*)

      2015/02/06 by あすか


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    営繕かるかや怪異譚 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    暗黒グリム童話集

    最近チェックした本