こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ホーンテッド・キャンパス この子のななつのお祝いに (角川ホラー文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 櫛木 理宇
定価: 691 円
いいね!

    「ホーンテッド・キャンパス この子のななつのお祝いに (角川ホラー文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      2019年42冊目。今回はオカルト研究会副部長の藍の卒業旅行ということで、旅に出た一行がいわくつきの村に雪のせいで立ち往生し、事件に巻き込まれるという、どこか探偵小説にあるような話のシチュエーション。部長が部室に寝泊まりしている原因となった人物も登場し、色々と物語の理解が深まった巻。あと、もう森司は自覚のない鈍感野郎に認定。ここまで鈍感だといい加減腹が立ってくるな。さっさと映画に誘いなさいよと自分が森司の周りにいる人間だったら言いたくなります。あーもうじれったい。感想はこんなところです。

      2019/05/24 by

      ホーンテッド・キャンパス この子のななつのお祝いに (角川ホラー文庫)」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ホーンテッド・キャンパス この子のななつのお祝いに (角川ホラー文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    人生の旅をゆく