こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

さわらびの譜 (角川文庫)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 葉室 麟
定価: 734 円
いいね!

    「さわらびの譜 (角川文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      弓術を継ぐ日置流雪荷派の伊也、妹の初音、 大和流の第一人者である樋口清四郎を中心に描かれています。

      伊也と清四郎の叶わぬ恋。藩政を思うままにしたい一派が、将左衛門を封じ込めるための思惑に、清四郎を巻き込み、清四郎に汚名を着せます。そして、清四郎を守るために伊也が命掛けで弓矢で挑んでいくというお話でした。

      最後の場面、千射祈願では血に染まりながら弓を射続ける伊也が素敵でした。そして、伊也を傍で支える清四郎。「ああ神様、どうか二人が結ばれますように」と願いながら読み進めました。

      結末に感涙しました。(通勤電車の中で…。) >> 続きを読む

      2020/03/22 by

      さわらびの譜 (角川文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    さわらびの譜 (角川文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本