こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

人魚は愛を謳う ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 鴇 六連
いいね!

    「人魚は愛を謳う ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      ドラゴンギルド3作目。サロメと雄の人魚メルヴィネの物語。

      シリーズを通じて語られる竜の孤独だが、サロメの場合は特に、小さい者たちを守りたいのにそれがかなわないということに根ざしている。
      その孤独を癒してくれるメルヴィネに強く執着するサロメは、しとやかなイメージを覆すほどの激しさを見せてくれた。怒らせると一番恐ろしいというのもうなずける。

      サロメの丁寧な言葉使いが印象的だった。イラストのサロメが美しすぎて見とれた。

      2017/08/24 by

      人魚は愛を謳う ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    人魚は愛を謳う ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本