こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

いまさら翼といわれても

4.6 4.6 (レビュー9件)
著者: 米澤 穂信
定価: 1,598 円
いいね!

    「いまさら翼といわれても」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      古典部の4人が好きなら必読です。私は本著で摩耶花のことがいっそう好きになりました。
      ただ終わり方はちょっとすっきりしませんでした。

      2019/11/04 by

      いまさら翼といわれても」のレビュー

    • 評価: 5.0

      シリーズものだと知らずに初読。
      でも問題無く楽しめた。

      著者自身が影響を受けていると語っている北村薫の匂いがプンプンした。
      こういう、人が死ななくて感情に訴えるミステリ好き。
      ひねればいいってもんじゃないんだよね!

      「ばかだって構わない。ただ、つけ込まれるのだけは嫌だ。」
      超共感した。
      >> 続きを読む

      2019/04/19 by

      いまさら翼といわれても」のレビュー

    • 評価: 4.0

      古典部!奉太郎をはじめ、皆成長してる。中学の卒業製作は今の状態で気付いてる人いるのかしら。気になる。

      2017/10/09 by

      いまさら翼といわれても」のレビュー

    • 評価: 5.0

      最新刊!
      ページをめくる手が止まりません。
      奉太郎も大分、省エネではなくなってきました。
      物語は大きな山場をこれから迎えそうな予感。
      続きがものすごく気になる感じで終わったので
      読んだ人はみんなそうかもしれませんがうわぁ!!!ってなりました。早く続きが読みたいです。
      毎回思いますがタイトルがいいです。
      >> 続きを読む

      2017/06/17 by

      いまさら翼といわれても」のレビュー

    • 評価: 5.0

      「すごく続きが気になる」的な終わり方をした表題作を始め、6編の短編からなる「古典部」シリーズの最新作。内容的には、卒業制作の悪だくみを奉太郎が阻んだ「鏡には映らない」が良かったなと思います。自分の夢に向かって動き始めた摩耶花、それに協力する里志。「家を継がずに自由に生きて良い」と言われ戸惑う千反田さん。「未来」と「変化」が作品のキーワードかな。というか、こういう終わり方をされると、非常に続きが気になるのですが。古典部の面々にも変化が訪れ、どうなっていくのか。続きが気になります。感想はこんなところです。
      >> 続きを読む

      2017/03/29 by

      いまさら翼といわれても」のレビュー

    • 続編でてたんですね!
      知りませんでした、、、
      読んでみます

      2017/03/29 by 文子。

    • 文子。様>コメントありがとうございます。
      是非、読んでみてください。

      2017/03/30 by おにけん

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    18人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    いまさら翼といわれても | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本