こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

陰獣

4.8 4.8 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 540 円

探偵作家の寒川に、資産家夫人、静子が助けを求めてきた。捨てた男から脅迫状が届いたというが、差出人は人気探偵作家の大江春泥。静子の美しさと春泥への興味で、寒川は出来るだけの助力を約束するが、春泥の行方はつかめない。そんなある日、静子の夫の変死体が発見された。表題作のほか、愛する女に異常な執着を示す男の物語、「蟲」を収録。男女の情念を描いたベストセレクション第4弾。

いいね!

    「陰獣」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      これは傑作。
      表題作は本格ミステリとして非常に堅実な仕上がり。
      「蟲」は乱歩の異常心理描写の巧さが光っている。
      昔の作品は今読むとつまらないものと今読んでも面白いものとに二分されるが、乱歩とか横溝は見事に後者。

      2018/12/31 by

      陰獣」のレビュー

    • 評価: 4.0

      昔の恋人であり探偵作家である大江春泥から脅迫状が届いた。
      どこかからか見張られているようだ…「陰獣」。

      恋心を抱いていた少女との再会。
      彼女は女優になっていて自分に好意があるように見えた…「蟲」。


      傑作選の「人間椅子」や「芋虫」が今まで読んできた本の中でも衝撃度がトップレベルで、あの衝撃をもう一度と思い、その後も江戸川乱歩をちょこちょこ読んでいますが、なかなか私がまた読みたいと思っている江戸川乱歩に出会えません。

      これは完全に好みの問題なのですが、
      私は人間の内面的な怖さや想像力によって掻き立てられる気持ち悪さを求めて乱歩を読んでいます。
      「陰獣」も「蟲」もかなり私の好みに近いのですが、でも傑作選を超えることができず。

      とはいえ。
      ゾワゾワしながらも先が気になり、読み終わった時に時計を見たら深夜2:30になっていました。
      江戸川乱歩、読ませるし、安心して読めます。
      怖いけど!
      >> 続きを読む

      2018/10/15 by

      陰獣」のレビュー

    • うぅぅぅ……レビュー拝見させて頂いて興味が湧きましたが怖そうですね(><)

      江戸川乱歩はよくアニメ化されていて自分も色々と観ていますがやはり仰る通りゾワゾワとした恐怖感がありますね。ただ、アニメなのでそういう部分はだいぶデフォルメされているので原作読んだら相当怖いのかも知れませんね。

      今は一人暮らしなのでこういう怖い作品はなかなか読めないですが、いつか読んでみたい、挑戦してみたいなぁとも思いました!

      それにしても、「陰獣」って甘美というか淫靡なタイトルですね…それに怖さがプラスされる……流石、江戸川乱歩ですね。
      >> 続きを読む

      2018/10/15 by 澄美空

    • 美空さん

      想像してゾワゾワするものが多いですが、たしかにアニメにしても面白そうですね♪アニメは観たことありませんが、1度観てみたい気もします。

      >それにしても、「陰獣」って甘美というか淫靡なタイトルですね…

      そうなんですよ~美空さんするどい☆
      そういう雰囲気の話ですよ☆
      >> 続きを読む

      2018/10/16 by chao


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    インジュウ
    いんじゅう

    陰獣 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本