こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

山の霊異記 赤いヤッケの男 (角川文庫)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 安曇 潤平
いいね!

    「山の霊異記 赤いヤッケの男 (角川文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      "怪談"といえば以前は夏の風物詩でしたが、最近は季節を問わずテレビや雑誌などで怪談、あるいは超常現象などを特集されます・・・ちゃかし気味の作りは、個人的にどうかと思いますがね。

      本書は同じ怪談でも、最近流行りの実話怪談集ですが、山にまつわる怪談をまとめて収録しているところが面白いです。

      「鏡」「笑う登山者」「荒峰旅館」は直球の怖い話、「牧美温泉」「追悼山行]は怖いけれど良い話、というようにバラエティーに富んだ怪談が収録されてるので、きっとあなた好みの恐怖を楽しめます。

      とはいえ、夜に読むのはあまりオススメできませんが・・・。

      因みに、本書は違う出版社から発売されていましたが、表紙があまりにも怖~いので、今回私が読んだ角川文庫版なら手に取りやすいかな(笑)
      >> 続きを読む

      2017/09/03 by

      山の霊異記 赤いヤッケの男 (角川文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    山の霊異記 赤いヤッケの男 (角川文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本