こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

悲しい話は終わりにしよう

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 小嶋 陽太郎
いいね!

    「悲しい話は終わりにしよう」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      内容紹介----------------------------------------------------------
      生まれ育った松本から出ることのないまま大学生になった僕は、附属図書館のくたびれたソファで寝るか、数少ない友人の広崎と吉岡さんと慣れないビールを飲んで時間をつぶす毎日を送っていた。季節とともにまわりはどんどん変わっていくのに、あの日のことを忘れられない僕は、ずっと動けずにいて―。友情、淡い恋心、ちぐはぐな心とからだ―胸をかきむしるほどの切なさで青春の喪失と再生をみずみずしく描ききった、著者入魂の新境地!
      ------------------------------------------------------------------

      小嶋陽太郎が描く人の抱える痛みが、踏切の遮断機の音のように急かされて押し寄せてくる。
      『火星の話』で見せていた片鱗が大化けした。
      環境に恵まれて毎日元気に暮らしている幸せな人にはこの小説はただの暗い話にしか見えないかもしれない。
      でも、人の悪意に敏感で、ぐちゃぐちゃと深く考え込んで、勝手に痛みを抱えてこんでしまうような人には、とてもよくわかる物語だと思う。

      主人公がまさにそういう青年で、主人公視点の地の文は鬱屈している。
      広崎と吉岡との出会いのシーンはとてもわくわくしたのだが、主人公は過去の経験からなかなか彼らと距離を詰めることができない。
      でも、痛みを抱えているのは主人公だけではない。
      他の登場人物たちにもそれぞれに暗い過去があって、どうにもすれ違ってしまう。

      はじめに「幸せな人にはわからない話」なんて、まるで自分だけが被害者みたいなことを書いたが、幸せばかりの人間なんていないということは私もよくわかっている。
      誰しも少なからず傷跡はある。

      周りとの価値観の違いに悩んだり、作中で「バランス」あるいは「ゼロととなり合わせの百」と表現されるような人間の不安定さに振り回されたり。

      でもそれはいつかは乗り越えなければいけない。
      その方法はいくつかあるけれど、私はやはり互いの荷物を共有していける相手がいればいいなと思う。

      物語のラストは小さな光だが、私には小さくとも眩しく感じられた。
      「悲しい話は終わりにしよう」というタイトルが、とても大きな一歩になる力を秘めている。
      >> 続きを読む

      2018/08/20 by

      悲しい話は終わりにしよう」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    悲しい話は終わりにしよう | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    養生のヒント

    最近チェックした本