こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

本当は危ない植物油

その毒性と環境ホルモン作用
4.0 4.0 (レビュー1件)
定価: 820 円
いいね!

    「本当は危ない植物油」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

       肉、卵、乳製品などを安価に供給するための飼料として、油糧種子(大豆、菜種、コーンなど)が使用されています。
       僕らが今あふれるように使い、食用にしている油脂は、何とその副産物なのだそうです。
       豚や鶏のエサの残りかすを、人間の食用油にして再利用してコスト削減を図るという合理的な目的からです。
       植物油脂の健康影響の中で、とくに懸念されるのが、「環境ホルモン作用」です。
       著者は、その量と作用の観点から、ダイオキシンよりも、もっと重大な問題だと指摘し、そのことが、現在の少子化、男性精子数の減少と繋がっている可能性が高いと警鐘を鳴らしています。

       詳細なレビューはこちらです↓
      http://maemuki-blog.com/shohyou/health/okuyama-shokubutsuyu/
      >> 続きを読む

      2014/03/10 by

      本当は危ない植物油」のレビュー

    • 植物油ってなんとなくオリーブオイルをイメージしてましたー

      2014/03/10 by makoto

    • 昔、家庭科の授業で友人がバターとマーガリンの違いってなんだとの問いにマーガリンは安いバターだと別の友人が答えていたのを思い出しましたが、マーガリンって別名食べるプラスティックって呼ばれているんですよね。 >> 続きを読む

      2014/03/15 by Shimada


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ホントウワアブナイショクブツアブラ ソノドクセイトカンキョウホルモンサヨウ
    ほんとうわあぶないしょくぶつあぶら そのどくせいとかんきょうほるもんさよう

    本当は危ない植物油 - その毒性と環境ホルモン作用 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    海外ブラックロード

    最近チェックした本