こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

仮面舞踏会

3.0 3.0 (レビュー2件)
著者: 横溝 正史
カテゴリー: 小説、物語
定価: 820 円

裕福な避暑客の訪れで、閑静な中にも活気を見せ始めた夏の軽井沢を脅かす殺人事件が発生した。被害者は画家の槇恭吾、有名な映画女優・鳳千代子の三番目の夫である。華麗なスキャンダルに彩られた千代子は、過去二年の間、毎年一人ずつ夫を謎の死により失っていた。知人の招待で軽井沢に来ていた金田一耕助は早速事件解決に乗り出すが! 構想十余年、精魂を傾けて完成をみた、精緻にして巨大な本格推理。

いいね!

    「仮面舞踏会」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      殺人鬼らしさというのは、逆にその残虐性をうまく隠し通せる大胆さの奥にあるのかもしれない。

      2018/01/03 by

      仮面舞踏会」のレビュー

    • 評価: 3.0

      『ひとり横溝正史フェア』のつづいての作品は「仮面舞踏会」。
      こちらも読んだことがなく今回入手した。映像化されたのかどうかもよくわからない。
      ここまで『ひとり横溝正史フェア』をつづけてきて、ふと思った。横溝正史じゃなくて金田一耕助だったかな。金田一耕助の出てくる横溝正史作品をひとりで読んで盛り上がろうというフェアなので、ひとり金田一耕助フェアが正しいかもしれない。何という今更な気づき。
      まあ、小さい問題なのでこのまま。
      ここまで金田一耕助の出てくる作品を読んできて、あと何作あるだろうと思ったりする。全部読もうかどうしようか、ちょっと悩む。
      何故悩むかというと、ここのところの横溝正史作品がいまひとつだから。これは大きな問題。
      そして今回の「仮面舞踏会」も実はいまひとつな感じだったのだ。どうするかなあ。

      夏の避暑地である軽井沢で殺人事件が起きた。
      被害者は画家の槇。映画女優である鳳千代子の別れた夫である。
      実は千代子の別れた夫が殺害されたのは今回がはじめてではなく、二年前からひとりづつ殺害され、槇は三人目の被害者であった。
      知人に招かれ軽井沢にやってきた金田一耕助は事件の解決に奔走することになる。

      面白そうだなと興味を惹かれ購入したのだが、本作はいつも以上に登場人物の整理がしにくい。横溝正史作品は登場人物が多く関係も複雑なことはよくあり慣れていたはずなのに、とっちらかる脳内。
      えっと、これ誰だっけ、と目次の次にある登場人物一覧を何回も見て確認した。

      登場人物に混乱するのはわたしの問題なので構わないが、構う問題として、犯人がすぐにわかってしまうこと。
      登場人物が混乱しているにも関わらず、結構早々に犯人はこのひとだろうなと目星がつく。
      なんなんだろう。横溝正史の犯人設定の癖というか、犯人の描写の癖というか、自分でもわからないけれど読んでいると犯人に印がついているようにわかってしまう。
      こういうのは、もしかしたら『ひとり横溝正史フェア』の弊害かもしれない。

      横溝正史作品では気が触れる、横溝正史の言い方だと発狂したひとというのは時々登場するけれど、ひとってそんなに簡単に発狂なんてするだろうか。
      というか、発狂って何。
      どういう状態。
      横溝正史作品によると、意思疎通が出来ないような状態ではなく、会話は出来たりするけれど、平気でひとは殺してしまったりする感じだが、それは発狂というのだろうか。昨今推理小説に登場するサイコパスとも違う気がするし、一体何なのだろう。謎だ。

      鳳千代子の元夫のひとりが亡くなったときに、パンツ(洋服のじゃなくて下着の)一枚という姿でプールに浮かんでいたというものがある。何故そういう姿だったかというと、泥酔しているところを風呂に入るよう誘導されて衣類を脱いでプールに入ってしまったということになっているのだが、入浴するときならパンツも脱ぐのでは、と細かいところが気になったりした。

      この作品が少々満足いかないものであったこと、ここのところ犯人がすぐにわかってしまうということから、次の横溝正史作品まで少し日を置いたほうがいいのかもしれないと思っている。
      せっかくひとりで盛り上がっていたのに残念だ。
      >> 続きを読む

      2016/04/24 by

      仮面舞踏会」のレビュー

    • やっぱり横溝は「犬神家の一族」とか「獄門島」なんかの傑作長編と、その他との落差が大きいですよね。
      それは僕も感じます。
      >> 続きを読む

      2016/04/26 by 課長代理

    • 課長代理さん
      コメントありがとうございます。

      ただでさえ作風に慣れてきたところに作品自体が粗いと読むのが辛いです。
      ちょっと離れて残りを楽しみます。
      >> 続きを読む

      2016/04/27 by jhm


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    カメン ブトウカイ
    かめん ぶとうかい

    仮面舞踏会 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本