こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

東一局五十二本場 (角川文庫 緑 459-61)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 阿佐田 哲也
カテゴリー: 小説、物語
定価: 483 円
いいね!

    「東一局五十二本場 (角川文庫 緑 459-61)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      読了日はダミー。

      麻雀のルールをご存じの方ならタイトルからしてどういう状況なのかとパニックになる事請け合い。
      なかなかタイトルから中身を想像できませんが
      雀聖阿佐田哲也氏らしい非常に濃い心理が描かれます。
      ピリピリとした空気の中で青年は一体どうするのか。

      短編集ですので、他にも作品が収録されています。
      玄人(バイニン)とは何者なのかを知るにも良い作品かと。
      >> 続きを読む

      2013/03/12 by

      東一局五十二本場 (角川文庫 緑 459-61)」のレビュー

    • ルールにもよるとは思うのですが、

      ・東場の親はテンパイしないと流れてしまう
      ・八連荘ルールが有効

      だとすると、東一局五十二本場と言うことは、ほとんどテンパイ流れってことじゃねーか!!

      と熱くなったところで冷静になってみると、こんだけノーテンを続けていると子がハコるのでは??

      いや、ほとんどが全員テンパイで流し続ければ成立しなくもないのか...
      >> 続きを読む

      2013/03/13 by ice

    • 残念ながらノーテン親流ナシルールなので
      完全なフィクションじゃねぇか!という突っ込みを受けそうですが
      それにしてもなぜ五十二本場なんて事に?
      という部分では楽しめるかなと思います。
      >> 続きを読む

      2013/03/18 by loki


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    東一局五十二本場 (角川文庫 緑 459-61) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本