こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

天国への階段 (角川文庫 緑 500-1)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 栗本 薫
カテゴリー: 小説、物語
定価: 479 円
いいね!

    「天国への階段 (角川文庫 緑 500-1)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      『探偵(悲しきチェイサー)』
      『イエロー・マジック・カーニバル』
      『ワン・ウェイ・チケット』
      『天国への階段』
      『新宿バックストリート』
      『ポップコーンをほおばって』
      『おいしい水』
      『軽井沢心中』
      『イミテーション・ゴールド』 の九篇収録。

      今、読むと流石に(30年前!)時代の流れというものを
      強く感じてしまうものがほとんどなのですが

      『ポップコーンをほおばって』の禍々しさ、怖さ
      『軽井沢心中』のひりつく様な焦燥感。

      古びない作品というものも確かにある、ということを
      教えてくれます。

      男性作家だと、どうしても
      女性の登場人物に対して、無意識のうちに
      いくばくかの理想のようなものが混ざってしまうと思うのですが
      (大藪春彦みたいな特殊例は除いて)

      本当に、女性だからこその残酷さや容赦のなさ。
      そして、男性の心理も的確に描ける能力。

      どちらも書けて、嘘っぽくないというのは
      舌を巻きます。

      それにしても、本当に
      世間に上手く溶け込むことができない
      (と、思っている)

      淋しい人たち、アウトサイダーたちを
      重くならず、さらっと描ける人だったとも
      改めて思いました。
      >> 続きを読む

      2013/07/29 by

      天国への階段 (角川文庫 緑 500-1)」のレビュー

    • 『軽井沢心中』なんて歌も有るんですか!?

      「六本木心中」なら知ってます。

      さくら~ふぶ~き~に~
      ハラハラす~が~り~♪

      アンルイスってカッコイイですよねー
      >> 続きを読む

      2013/07/30 by makoto

    • 昔、ドラマ化した記憶があるんですが・・・(うろ覚えです)。

      タイトルから、人がだんだん「死」に追い詰められてそうというイメージがあったので、当時は見れませんでした。 >> 続きを読む

      2013/07/30 by kurumin


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    天国への階段 (角川文庫 緑 500-1) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本