こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

棟居刑事の憤怒

カテゴリー: 小説、物語
定価: 560 円

新宿・歌舞伎町のラブホテルのフロントに立つ本杉高志は、奇妙な成り行きから十八歳の少女菊岡理絵と同居を始めた。その頃、顔見知りのエスコートクラブ嬢フェリシアが町田市内の「防空壕」で無残な絞殺死体となって発見。死体のそばには島根県隠岐島特産の檜扇貝の破片が落ちていた。しばらくして、理絵は姿を消し、ポシェットだけが府中市内で見つかった。手帳にはなぜか「隠岐汽船乗船名簿」がはさまっていた―。偶然なる符合の恐ろしさを描く森村ミステリーの傑作。

いいね!

    「棟居刑事の憤怒」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ムネスエケイジノフンヌ
    むねすえけいじのふんぬ

    棟居刑事の憤怒 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本