こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ツ、イ、ラ、ク

4.7 4.7 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 740 円

地方。小さな町。閉鎖的なあの空気。班。体育館の裏。制服。渡り廊下。放課後。痛いほどリアルに甦るまっしぐらな日々―。給湯室。会議。パーテーション。異動。消し去れない痛みを胸に隠す大人達へ贈る、かつてなかったピュアロマン。恋とは、「堕ちる」もの。

いいね! el-j

    「ツ、イ、ラ、ク」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      いや~
      久々のレビューです。

      決して読書をさぼっていたわけでもなく。

      この作品読み始めて読み終えた今日。
      これほど日々が大きく変わるのか・・・と。

      コロナ。

      私は元気です。

      そんな目まぐるしい社会情勢であるが、だからこそ、読書に没頭していました。

      「ツ・イ・ラ・ク」

      姫野カオルコさんの作品は以前も読んだ事あって。

      こちらも直木賞候補になったみたいですが、
      簡単に言えば「恋愛小説」のカテゴリーだと思う。

      前半は普通にピュアな学園生活な内容ですが、中盤、かなり過激?!な展開。そして大人に流れていく訳ですが、とても個性的な構成というか内容な恋愛、学園小説で、なかなかおもしろい!

      個人的には登場人物が多いので、メモしていた方が良いと思ったけど、メモしなくても面白い。けど、メモしていた方がより面白いと思う。

      自分の青春と比較してみたり、また懐かしいノスタルジーにも浸れるので、今、テレビも新聞もコロナだらけなので、

      こういう無関係な「ツ・イ・ラ・ク」は気分転換におススメです!

      うがい、手洗い、無意味に考えこまない!

      これが私の3つの心得です。
      >> 続きを読む

      2020/04/18 by

      ツ、イ、ラ、ク」のレビュー

    • こんにちは!
      ご無沙汰しておりますm(_ _)m

      いやぁ、本当にコロナ禍、大変ですね〜。
      自分も、日々不安の只中にいます。自分の周りでも少しづつ影響が出始めていて、身近に迫ってきているんだなあ、、、と実感しています。

      うがい、手洗い、無意味に考え込まない…
      …これは、ホントにその通りだと思います!
      考えても答えが無いんだから、どうしようもないですもんね!
      考えるんだったら、もっと楽しいこと考えた方が身体にも心にも良いですよね😆👍

      こういう時は大手を振って引きこもって読書、もしくは録画したもの、サブスク等で観たり聴いたりできるものをひたすら観る!聴く!これに尽きますね!

      あとは、不用意に情報を取得しに行かない!
      不必要に見たり聞いたりすると、それこそ精神衛生上良くないですからね。
      まあ、必要な情報は何もしなくても入ってきますからね😅

      お互い、何とかこの非常事態をやり過ごして明るい未来に向かって行きましょうね😉
      (あ、自分、年下なのに上からな感じになってしまいすみませんm(_ _)m)
      >> 続きを読む

      2020/04/18 by 澄美空

    • こんにちは!
      澄美空さんの元気なコメント読んで、元気な気持ちになりました!

      ホント澄美空さんの考えに自分も大共感しています!

      今、自分の周りでも、コロナが身近に感じていますが、コロナも怖いが、案外、人の方が怖い瞬間も感じています。

      多分ピリピリしていたり、先の見えない不安で、怒りっぽくなったりで、人との会話はより慎重にならざるおえない感じです。自分がそんなつもりで言ってなくても、変に言葉尻に絡んできたりとか。

      言論の自由もウィルスに侵されている気も気になります。

      兎にも角にも、希望を忘れず日々、やっぱり笑顔で送りたいし、送っています!

      もちろん読書はコロナ関係なく、今までも、そしてこれからも日々大事な日課です!

      今後ともよろしくお願いします!

      コロナも流石に、自分の心、気持ちまでは感染できませんから!
      >> 続きを読む

      2020/04/18 by ジュディス

    • 評価: 5.0

      『ツ、イ、ラ、ク』(姫野カオルコ)<角川文庫> 読了です。

      子供の成長に合わせ文体を変えてみたり、表現に工夫を凝らしたりしているところがとても好感がもてました。
      こういう、「この作家ならでは」と思わせるところのある作家っていいですよね。

      しかし、女性視点での女性の成長の描写が赤裸々過ぎて、男が読むのは辛かったです。
      あと、中学生と、というのは厳しい……。
      さらに、「第八章 家」はもっとさらっと終わっても良かったんじゃないかと思いました。
      最後のシーンがあるのと無いのとでは全く印象が変わってしまいますが、私は無い方が好みです。
      まあ、このあたりは感性の違いですかね。

      総じて、読んでよかったと思わせる作品でした。
      >> 続きを読む

      2016/02/18 by

      ツ、イ、ラ、ク」のレビュー

    関連したレビュー

      角川グループパブリッシング (2003/09)

      著者: 姫野カオルコ

      他のレビューもみる (全2件)

      • 評価: 4.0

        小学校2年生の頃の同級生、頼子、統子、準子、京美、愛、マミ、温子
        狭い町なので、中学までいっしょのメンバーだった。小学校からずっと同じ女の子の事が好きだった男の子やほかの子に気を使いながらも好きな子が転々とする子など、学生時代にある普通の恋愛があった。
        そんな中で、ある日担任の先生が産休に入ることになり、若い男教師の河村が産休補助としてやってきた。かっこいい~と女子生徒が騒ぐ中、全然興味のなかった準子だったが、ある偶然の出来事から河村と禁断の恋へと踏み込んでしまう。

        生徒と教師の恋は、こんな感じなのだろうかと思ってしまう。
        とても不思議な感じの昭和の香りがする”姫野ワールド”
        強烈な感じに驚きながらも、相手の事を思って身を引くお互いの心が切なかったと思いました。
        >> 続きを読む

        2014/10/10 by

        ツ、イ、ラ、ク」のレビュー

      • 遥か昔、先生との恋って憧れたこともありましたが実際は若い先生は全然いなくてそんな感じではなかったですが、、実際にそんな風になったらどんな感じなのでしょうね。未知の世界です。秋に恋愛ものの小説をどっぷり読むのもいいですね♪ >> 続きを読む

        2014/10/11 by chao


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ツイラク
    ついらく

    ツ、イ、ラ、ク | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本