こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

Yの悲劇

5.0 5.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 740 円
いいね! dreamer Tukiwami

    「Yの悲劇」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0


      エラリー・クイーンの「Yの悲劇」は、アメリカ本国よりも日本で絶賛されることの多い作品だと言われています。

      その理由は色々考えられますが、かつて日本の推理文壇の主導者だった江戸川乱歩が、この作品を非常に高く評価していた影響が大きいことは、まず間違いないだろう。

      一時期は、海外ミステリのオールタイム・ベスト10投票などの企画では、この「Yの悲劇」がいつも1位に選ばれていたのではないかと思います。

      ただ、最近ではさしもの「Yの悲劇」神話も翳りを見せ、色褪せた感がありますね。
      というのも、同じ「悲劇四部作」でも「Xの悲劇」の方を高く評価する読者が増えているんですね。

      だが、オールタイム・ベストの1位に値するかどうかはともかく、この作品がエラリー・クイーンの作品中でも上位にランクインされるべきものであり、ミステリの歴史に残るだけの傑作であるという事実は動かし難いと思います。

      従来、犯人の意外性において語られることの多かった作品ではあるが、同じような犯人像が繰り返し描かれるようになってしまった現代の視点からは、むしろ他の美点こそが「Yの悲劇」を傑作たらしめていると言えるかもしれません。

      呪われた一族ハッター家の歴史が紹介される冒頭から、物語は息づまるほどの物々しい空気を漂わせている。
      これは、初期のエラリー・クイーンとしては極めて異例であり、他の作品にはない不思議な魅力を感じさせてくれます。

      ルイザの卵酒を飲んだジャッキーが悶絶するシーンなど、登場人物それぞれが現場である食堂に集まってくるさまが、まるで舞台上の役者の動きであるかのように描写されており、この事件が、人間の力では止められない宿命的な悲劇であるという印象を、我々読者に刻み込むのだ。

      全篇にばらまかれた事件の手掛かりもまた、実に魅力的だ。
      マンドリンという奇妙な凶器、毒を注射された梨、床の上の足跡、ルイザが触れた犯人の頬の感触、ヴァニラの香り-----と、ひとつひとつは犯人に到達するための有力な手掛かりのようでありながら、それらが組み合わされると、かえって事件の全体像が不透明になってしまうのだ。

      さしもの名探偵ドルリー・レーンが苦戦を強いられる所以だが、そこから思いもかけぬ真相を浮かび上がらせる論理の筋道は、流石はエラリー・クイーンだと唸らされましたね。

      そして、問題のラストは、ある意味、かなり掟破りだが、「悲劇四部作」全体を通しての伏線であると見なすことも可能だろう。

      >> 続きを読む

      2019/04/07 by

      Yの悲劇」のレビュー

    • 「ローマの帽子の謎」を皮切りにこれが面白かったら、その他の国の名前をタイトルに持つ本を読むつもりでした。
      では、まずはこの四部作から始めたほうが良さそうですね。
      アドバイスありがとうございます!
      四部作はXYZ‥なので、まずはXの悲劇を読んでみたいと思います。
      >> 続きを読む

      2019/04/08 by taiaka45

    • バーナビー・ロス名義の『X』、『Y』……から始められても、クイーン名義の国名シリーズから始められてもどちらもアリだと思いますよ。
      『X』から始める場合は、dreamerさんが書かれているとおりに順番遵守は絶対条件ですが(そうしないとこのシリーズのキモをダメにしてしまうことになります)。

      なお、おせっかいですが、一般には『ニッポン樫鳥』は国名シリーズではないというのが現在の共通理解だと思います(私もしばらく誤解していました)。
      原題にも『日本』という言葉は含まれていませんし(あれは日本が出てくる作品なので、出版社が強引に国名シリーズに入れたというのが通説的見解だと思います)。
      >> 続きを読む

      2019/04/08 by ef177


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    Yノヒゲキ
    Yのひげき

    Yの悲劇 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本