こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ブレイブ・ストーリー

3.4 3.4 (レビュー5件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 700 円

小学五年生の亘は、成績はそこそこで、テレビゲームが好きな男の子。大きな団地に住み、ともに新設校に通う親友のカッちゃんがいる。街では、建設途中のビルに幽霊が出るという噂が広がっていた。そんなある日、帰宅した亘に、父は「この家を出てゆく」という意外な言葉をぶつける。不意に持ち上がった両親の離婚話。これまでの平穏な毎日を取り戻すべく、亘はビルの扉から、広大な異世界―幻界へと旅立った!

いいね! masa920 niwashi

    「ブレイブ・ストーリー」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      アニメ未視聴。前々から気にはなっていた作品。実際読んでみたが、宮部さんらしいといえばらしい作品。(本題に入るまでの導入部分の描写にも文章を割いて記述している点で)ただ、今回の作品ではこれは必要なのかなと読んでいて疑問を感じた。冒険をする動機が離婚した両親を元に戻すという理由でも、そこまでに至る過程の描写は果たして必要なのかなと読んでいて思った。冒険に入ってからは、ファンタジーらしくなってきたなと思う。一応「ファンタジー」小説なので、これからのワタルがどうなるか読んでいきたいと思う。

      2017/12/07 by

      ブレイブ・ストーリー」のレビュー

    • 評価: 2.0

      宮部みゆきは誰に読ませたいと思ってこの話を書いたのだろう?
      最初に抱いたこの違和感は結局物語を読み終えても消えることがなかった。

      YA(ジュブナイル)に挑戦した第1作目はファンタジーだった。
      物語としては、良識のある大人が書いたまっとうなお話だ。

      三谷亘(ワタル)は小学校5年生11歳。ひとりっこ。
      思いもよらない両親の離婚の危機の最中で、家庭は泥沼の様相を呈している。

      神社の隣の建築が中断したままの「幽霊ビル」の階段上に別世界への扉が現れた。
      頭脳明晰な美少年、謎多き転校生の美鶴(ミツル)に誘われ
      ゲームの中の世界そのものの別世界《幻界(ヴィジョン》での冒険を成し遂げ、
      運命の女神の元へ行き、願い事を叶えてもらうため、「旅人」となることを決意するのだった。

      ここまでの381ページ(長っ!)までが第一部だ。

      上巻は大部分、亘の日常の現実世界を詳しく追っていくことに割かれる。
      しかしその目的はリアルの世界と《幻界(ヴィジョン》の対比を描くためでなく、
      旅立ちの原因である、亘の『不幸』を強調するために過ぎない。
      母親はプライドの高いエリート志向の強い差別主義者、父親は理屈っぽい頑なな男。
      そんな両親と父の女との三角関係が、子供の目の前で暴露され、母が女の素顔をさらけ出す。
      女同士の修羅場が展開する様に至っては、母親への同情などわかなくなってくる。

      正直助長に過ぎ、むしろ10分の1程度に凝縮させたほうがよかった気がする。

      おまけに私には、主人公の年齢設定を誤ったとしか思われない。
      両親の離婚という世界の崩壊に対し、子供に、自分が変わることで乗り越えろ。
      親を殺して自立しろ。というのは、あまりにも酷で無茶な要求だ。

      そして、それを受け入れられる思春期以降の少年少女は、
      「小学生が主人公のお話しなんか」普通は読まないものなのだ。
        でしょう?


      宮部さんの大好きな「人形のよう」な美少女と美少年キャラの登場。
      少女は亘のベラドンナに、少年は《幻界(ヴィジョン)》でのライバルになり
      魔導師、勇者の剣、宝玉集め、異形の住人の同行者、ファイヤー・ドラゴン、
      運命の女神、騎士と保安官、魔界、魔力を持つ鏡
      そんなアイテムが続々登場するが、どれもどこかで見たような…。

      とにかく、ファンタジーの世界の第2部の導入部はかなりチープで
      主人公の状況によって有機的に姿を変える世界としての設定が、
      のっぺりとした虚構の絵のようなイメージを与えられており残念な展開。


      誰しも物語やゲームの世界に自分が参戦したらと、想像したことはあるはず。
      自分なら、こういうストーリー、アイテム、住人、敵を考えるのに。

      作家だったら、尚更だろうけれど、
      でも、それって正解なのかな?

      《中巻》に続く…
      >> 続きを読む

      2012/11/14 by

      ブレイブ・ストーリー」のレビュー

    • >chaoさんもグイン・サーガや十二国記がお好きでしょう?

      十二国記、好きかと聞かれると実はそうでもないです(笑)
      グイン・サーガは大好きです♪

      >作者自身がアニメやCGの絵の効果を想定しながら書いたと思わしき表現がたくさん出てきます。

      本の中で明らかに映像化を意識した表現が出てきてそれに気が付くと冷めちゃうことはありますよね。

      >「クロス・ファイア」が好きです。
      >最近作では「小暮写真館」が良かったです。

      「クロス・ファイア」と「小暮写真館」も次読む候補にしたいと思います♪
      ありがとうございます♪
      >> 続きを読む

      2012/11/15 by chao

    • chaoさん
      〉本の中で明らかに映像化を意識した表現が出てきてそれに気が付くと冷めちゃうことはありますよね。

      そうなんです。
      異世界への扉が開くシーンなんか、まさに、アニメの映像が先に頭にあって、
      それを文字化したとしか思えない。
      キャラクターも例えば、カッツさんという女性が出てくるんだけど、
      ドロンジョさんの類型キャラっぽくて、ナイスバディのサド系の鞭使いの女。
      その設定ゆえに気持ちが添えませんでしたね。
      セリフも「何すんだよ、スケベ」とか。
      スケベですよ?!そんな言葉使う女性、いますか?って思いました。

      宮部さんはしょっちゅう、こちらが引いてしまうチンケな単語を使うんですが。
      この話で一番衝撃的だったのは
      「可愛いこちゃん」!!!( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
      >> 続きを読む

      2012/11/15 by 月うさぎ

    • 評価: 4.0

      主人公は子供だけど大人向けのファンタジーだよと友達は言っていたが、私はやはりこれは子供のころに読みたかったと思った。最初はなかなか入り込めないでいたけど途中からRPGゲームのような感覚。ワクワク。

      宮部みゆきのミステリーとはまた全然違った世界観。

      ちなみに映画は駄作。
      小説で読むべき。

      2012/11/08 by

      ブレイブ・ストーリー」のレビュー

    • 冒険の旅に出たくなるときって有りますよねー
      箱根くらいでも気分盛り上げれば満たされますけどw >> 続きを読む

      2012/11/19 by makoto

    • >最初はなかなか入り込めないでいたけど
      確かに始まりは鬱々としてますね。でもそのギャップで後からのファンダジーが楽しくなる気がします >> 続きを読む

      2015/04/21 by ウコッケイ

    • 評価: 5.0

      宮部さんのファンタジーはすごいです。
      何の変哲もない日常を過ごしていた小学生のワタル。
      しかし急に両親が離婚してしまいます。
      自分の運命を変えたいと願ったワタルは、同級生のミツルに導かれ異世界へ。
      異世界にいる運命の女神に自分の運命を変えてもらうため旅に出ます。


      物語の最初、両親の離婚を描く章はとてもリアルで胸が痛くなるほどです。これってファンタジーだよね?って疑問を持つほど現実的です。
      異世界にいってからは、カラフルなファンタジーの世界が始まります。
      しかしそのファンタジーの世界の中で起こる事件はどこか現実的で、人種差別があったり、戦争が起こったり。
      今現実が抱えている多くの問題を練りこんだ壮大なファンタジーです。
      >> 続きを読む

      2012/08/23 by

      ブレイブ・ストーリー」のレビュー

    • chibadebu的には異世界で勇者となるならば、きっと現実世界には戻らないのだ >> 続きを読む

      2012/08/23 by chibadebu

    • YAってことで、なんとなくこのジャンルの宮部さんは読んでいないです。
      もともと少年を描くのが得意ですから、うまく読ませてくれるとは思いますが、
      そういうことが既にわかっているから、なのかな。未読なのは。
      >> 続きを読む

      2012/08/23 by 月うさぎ

    • 評価: 4.0

      まだ小学生の少年が、仲間と共に成長していく
      まさに王道とも言えるストーリーで、
      ファンタジー好きは読んでみて欲しい。

      2011/02/25 by

      ブレイブ・ストーリー」のレビュー

    • 映画を見て気になったのでぜひ読んでみます!

      2015/04/21 by carp-san

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ブレイブストーリー
    ぶれいぶすとーりー

    ブレイブ・ストーリー | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    [新版]グロービスMBAビジネスプラン

    最近チェックした本