こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

夜は短し歩けよ乙女

4.1 4.1 (レビュー36件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 580 円

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。

いいね! ybook niwashi 2hak1

    「夜は短し歩けよ乙女」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      森見さんがこの本を[娘]と称されるのも納得の、大変可愛らしいお話でした。
      先輩と黒髪の乙女が春夏秋冬を通じて少しずつ惹かれあって行くのがほっこりします!
      筆者独特の語り口調も癖になります。
      春夏秋冬に合わせてたくさんの京都の場所が出てくるのも楽しく、下鴨納涼古本まつりや新新堂など、わたし自身もこの本を見てから行くとまた印象が変わりました(^^)
      風景や出来事の描写ももちろんですが、わたしが一番好きなのは電気ブランの味の描写です😊とても素敵です〜

      2018/01/07 by

      夜は短し歩けよ乙女」のレビュー

    • 評価: 4.0

      怠け者の前にこれを読めば良かった。
      とても良い。ほっこり、にんまりする。森見さんの剽軽で独特な語り口に馴染んだ自分を見つける。
      素朴で純粋で実直でチャレンジャー、しかし鈍感極まる黒髪の乙女とそんな彼女に恋する不器用な先輩。
      夜の酒場で、古本市で、学園祭で、悪質な風邪の大流行する街で繰り広げられる不思議な恋の冒険。
      乙女も先輩も名前すら出てこないのに、姿が見えてくる。邪気なく植物のようで天然な乙女が可愛い!
      外堀を埋め続けるばかりの先輩の歯がゆさは、古風な日本男子の体で微笑ましい。
      少しずつ距離を縮める二人を幻想的な出来事が背中をおす。
      ジワジワくる胸キュンとでも言おうか!
      面白かった!
      >> 続きを読む

      2017/11/03 by

      夜は短し歩けよ乙女」のレビュー

    • 評価: 3.0

      なるほど恋愛ファンタジーか。どうりで夢見がちな人にはウケが良いんですね。可愛いらしく想像力を刺激され、おおよそ楽しめました。

      2017/09/04 by

      夜は短し歩けよ乙女」のレビュー

    • 評価: 4.0

      軽く読めてよかったです。
      大学生のノリもあり、文章の軽やかさもあり、この人のほかの本も読んでみたくなりました。

      2017/08/31 by

      夜は短し歩けよ乙女」のレビュー

    • 評価: 5.0

      大好きで、何回も読んだ本。

      映画も観た。アニメーションがキレイで独特の世界観があって、小説同様おもしろかった。

      2017/08/08 by

      夜は短し歩けよ乙女」のレビュー

    もっとみる

    関連したレビュー

      角川グループパブリッシング (2006/10)

      著者: 森見登美彦

      他のレビューもみる (全8件)

      • 評価: 3.0

        異色の作品だと思います。

        特徴はタイトルとイラストに表れています。
        大正浪漫を思わせる、このタイトルに魅かれる方は楽しめるのではないでしょうか?

        京都を舞台に、黒髪の乙女への恋心を募らせていく青年の純な葛藤が続きます。

        ストーリー展開がどうとかではなく、この世界観にどれだけ浸れるかを試されるような作品だと思います。

        小説しては好きですが、私は「先輩」がどうも弱々しく感じてしまい、恋愛対象としては最後まで見られなかったので、浸りきれてはいないですね。

        本屋大賞、 山本周五郎賞受賞作品です。
        >> 続きを読む

        2012/10/30 by

        夜は短し歩けよ乙女」のレビュー

      • > 京都を舞台に、黒髪の乙女への恋心を募らせていく青年の純な葛藤が続きます。

        中学校の修学旅行で京都(+奈良)に行きました。
        その時のバスガイドさんが京都弁で、非常~~にセクシーだったのを覚えています。

        京女はキッツイ(笑)という話も聞きますが、京都弁ってセクシーに聞こえます♪
        >> 続きを読む

        2012/10/30 by ice

      • やっぱり男性は黒髪が好きなんですかね。

        どうしても重く見えちゃう気がして思いきれないわ・・・ >> 続きを読む

        2012/10/30 by sayaka

    最近この本を本棚に追加した会員

    157人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ヨルワミジカシアルケヨオトメ
    よるわみじかしあるけよおとめ

    夜は短し歩けよ乙女 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ゆかし妖し (新潮文庫nex)

    最近チェックした本