こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

今はじめる人のための短歌入門 (角川ソフィア文庫)

4.0 4.0 (レビュー2件)
著者: 岡井 隆
定価: 761 円
いいね! Tukiwami

    「今はじめる人のための短歌入門 (角川ソフィア文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      短歌という31音の表現による感動は言葉では説明できないものがある。しかしこの入門書では、その肝心なところを同じ言葉による文章によって説明しようとしている。短歌の分かりにくい表現を解説したり、分析を行ってどのように理解すべきかを説明しているだけではない。言葉にできない部分は、所詮言葉では説明できないのである。外堀を様々な角度から丁寧に掘り進めて行って、核心に少しでも迫ろうという態度である。他の様々な芸術とも繋がるような、発展性のある一級の芸術論である。

      2018/12/26 by

      今はじめる人のための短歌入門 (角川ソフィア文庫)」のレビュー

    • 曖昧を友として主観することが出来るようになりたいので、読んでみたいと思いました。

      2018/12/26 by 月岩水

    • 評価: 3.0

      本って不思議なものですね。

      この本、三年ほど前に読み終えていたのですが、
      なぜか、興味がわかず、レビューも書くことなく、そのままに。

      というのも、穂村弘さんや、東直子さん、など同じ短歌を説明されるのも
      解り易く、すぐに、そして気楽に読み終えることが出来たのに、
      岡井隆さんのこの「今はじめる人のための短歌入門」は難しくて、
      面白くも何とも無くて、読んだけれど、ほったらかしでした。

      今回、短歌を始めようと、作り手の方から読みだすと、
      あれれ、そうなんかと、初めて読むごとく新鮮で、腹に入っていく。

      一冊の本でも、読みてのスタンスでまるっきり本の存在価値が違うんですね。

      短歌を齧ろうとしている私にとっては、
      しばらく、傍に置いて置く本になりましたな。

      >> 続きを読む

      2017/08/01 by

      今はじめる人のための短歌入門 (角川ソフィア文庫)」のレビュー

    • 読む側ではなく詠む側に立つと感覚が代わるというのはおもしろいですね。
      主観で曖昧を捉える反復練習をしてセンスを鉋にかけたいので読みたくなりました。 >> 続きを読む

      2018/12/26 by 月岩水


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    今はじめる人のための短歌入門 (角川ソフィア文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    入門・エネルギーの経済学