こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

大人のための読書の全技術

2.8 2.8 (レビュー4件)
著者: 齋藤 孝
定価: 1,620 円
いいね!

    「大人のための読書の全技術」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 1.0

      大学生の時にゼミを担当していた教授がおっしゃいました。
      「教授ってもんは世間一般の常識をよくわかってないから、もしなりたいなら一度社会に出て、そしてもう一度戻っておいで。」
      その意味がわかったような気がしました。


      もちろん様々な本を読んで生き抜いて来られただけのことはあって、共感できるところは多々あります。

      本を読む目的を持つ。今読んでいる内容を誰かに説明するのだと思って読む。p.92
      漫然と読書をしてきた私がこのSNSをはじめるきっかけとなった一文ですもの。

      五世紀も前に印刷された文書を私たちは読むことができるんです。電子カセットや、ほんの数年前に使っていた古いCD-ROMは、いまや読むことも観ることもできません。
      ハードがどんどん進化することによって新しい媒体が出現するが、意外に新しいものほど使えなくなるスピードも速い。それに対して、本というのは古びない強さがあるというのです。p.202
      これも、ずっと日本史学を学んで来た身からすると「改めて言われると、うーん…そうだなぁ」と素直に頷かざるを得ない言葉です。


      ただ1つ納得がいかなかったのは、この本の根底にある「本を読んでいる人=仕事ができる、コミュニケーション能力に優れる、スラスラ話せる、会話の中で本に触れることができる」という考え方でした。
      この辺りは、さすが東大出身の大学教授だなぁと思います。
      読書をすることで、その人に奥行きが出るというのは私も共感する部分。
      じゃあ世間で仕事ができる人たちが一律多読で、できない人たちが全員読書をしてないかというと…違う気がする。
      むしろ私の周辺の読書家の方たちは、周囲から「自分の世界を持ちすぎ」「知識や考え方を押しつけてくる」「本からの引用ばかりで頭でっかち。自分でした経験がない」という評価を受けている気がします。とくに上司に対して本にふれた会話をしたら、「こいつ、経験も知識もないくせに知ったかぶって」と煙たがれます。
      むしろ本を読んでいなくても成功や失敗を繰り返して、そこから出た言葉や格言を語っている人の方が、私はすんなりとそのことばを受け取ることができるし、後輩からの人望も厚い気がします。
      私はね。
      実業家が経験したことを書き連ねた本は売れるけど、読書家が経験した(本から学んだ)ことを書いた本は売れているイメージがないのです。本に時間を費やすのは大切なことだと思います。でも自分でやってみて、失敗して、そこから学んで…っていう経験に裏付けられたものにはかなわない気がします。



      否定的な感じになってしまいましたが、巻末の50冊のブックリストには興味深い本がいろいろとちりばめられていました。
      自分の読書に対するスタンスを考え直す面でも、出会えてよかった本です。


      >> 続きを読む

      2014/12/30 by

      大人のための読書の全技術」のレビュー

    • 何かをしている人は仕事ができるとか、そんな物事は簡単ではない気がしますね。私もatoさんと同じく経験が大切だと思います。自分でできる経験は限られているから、本を読んで少しでも視野を広げるのもやっぱりとても意味のあることだとも思います。

      ・・・とはいうものの・・・私は絵本とかそういうのが好きです(笑)。本の楽しみ方も人それぞれですよね♪
      >> 続きを読む

      2014/12/30 by sunflower

    • …とは言うものの、私も絵本とか小説が大好きです笑

      絵本を読むと童心に帰れてホッとしますよね >> 続きを読む

      2014/12/30 by ato

    • 評価: 1.0

      新鮮な気持ちになれた。
      という事にはならなかった。
      これまでの読書経験において、
      本を読むとは
      こういう事が大事であろう。
      こうしていくべきであろう。
      と思っていた事はほとんど書かれていた。

      速読の部分に関しては
      1文字、1文字、終わらせていくのを
      読書としていた部分もあったので
      速読と精読の使い分けと
      同時並行して様々な書籍を経験するという部分は
      考え方も納得でき、実行してみようかと思った。

      この本で疑問な部分は
      何故多量に読書をすると幸せが待っている。
      幸福になるには読書が必要。
      いう価値観を並べるのか。

      こうも簡単に幸せとか成功という単語に
      結びつけてしまうのは恐らく好みの問題なのであろうが
      僕には合わなかった。

      僕の考えは多量に読書をこなし、
      知識を蓄えるというのは
      自尊心を常に考え直し、
      再構築する作業に必要と考えている。
      むしろそれだけであって、
      幸せとか成功とかに直接結びつく事ではない。
      >> 続きを読む

      2014/11/23 by

      大人のための読書の全技術」のレビュー

    • 本を読むことが幸せに直結するとかと言われるとそんな単純ではないと思いますが、本が人生を豊かにするものだとは思います♪ >> 続きを読む

      2014/11/23 by sunflower

    • まだ読んでいる途中ですが、この本のおかげで、この「読書ログ」を知る事が出来ました(笑)

      「本について語り合える友人を持つことで、本のある生活が続いていく」 P55



      読んでいると、ワクワクします^_^

      >> 続きを読む

      2014/12/17 by atsu

    • 評価: 4.0

      ■ 読書のルールを作ること
      ・寝る前に必ず一時間本を読む
      ・週1冊、年間50冊 → しかしこれでは少ない。100冊が求められる。

      ■ 読書が脳内でネットワークに
      ・100冊、200冊の本が脳内で繋がること。
      ・キーワードは多ジャンル。偏りはダメ。
      ・情報過多の現代、一つの本からの情報を鵜呑みにするな=多読せよ。

      ■ 本を読む友達を作ること
      ・ネットでも良い。
      ・書評の有名な人でも良い。

      ■ 古典を読む意義
      ・数千年前の失敗を現代人がしている。
      ・人間って変わらないんだなと知ることが出来る。

      ■ 速読本と精読本を選別すること
      ・一義的な解釈の文章(新聞など) → 速読
      ・ハウツー本 → 速読
      ・文学作品 → 精読
      ・ミステリーなど → 速読
      ・速読と精読を使い分ける技術が必要。

      ■ 速読の技術
      ・読む目的を設定。 → 内容を誰かに説明するつもりで。
      ・読み終る締切を設定。 → 3時間を2時間、1時間に短縮。対象は同じ本?
      ・本を買ったら一時間喫茶店に行き、買った本全てをチラ見。
       →買った時が最もその本に対するテンションが高い。
      ・サーチライト方式。目次レビューでキーワードを5~6選定しておく。

      ■ 精読の技術
      ・素読、声に出して読む。 → オススメは古典。
      ・翻訳。相当慎重になる。
      ・出来るだけ早く正確に音読。 → 頭が良くなる。
      ・三色ボールペン。 → 赤が重要、青が次点、緑が主観的に面白い部分。
      ・引用ベストスリーを作る。なぜそれを選んだか説明する。
      ・読んだら人に話す。
      ・呼吸法。 → 2秒吸って15秒で吐き、2~3行を飛ばし読み。
      ・書き写す。

      ■ 読書の幅を広げる
      ・好きな本を読んで読書を苦痛にしないよう工夫
      ・読書のコスパは古典。100冊読むより古典を何回も熟読が良い。
      >> 続きを読む

      2014/11/23 by

      大人のための読書の全技術」のレビュー

    • 匿名
      評価: 5.0

      三色ボールペン方式
      音読、アウトプット等、実践する方法多数あり
      読書がしたくなった。

      私の読書ライフスタート本

      2014/10/14 by

      大人のための読書の全技術」のレビュー

    • 三色ボールペン方式、アウトプット、気になります!

      2014/10/15 by coji

    • >三色ボールペン方式
      >音読、アウトプット等、実践する方法多数あり

      どれも気になります!
      そもそも読書における技術って何なのか気になります!!
      >> 続きを読む

      2014/10/15 by RAY-ROCK


    最近この本を本棚に追加した会員

    14人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    大人のための読書の全技術 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本