こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ぬかよろこび

4.5 4.5 (レビュー3件)
著者: 嬉野 雅道
いいね!

    「ぬかよろこび」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      大好きな北海道ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター、嬉野氏。
      テレビでの仕事はカメラワークなので画面に出てくることはまず無い。
      一体どんな人物なのか…と気になっていたのです。
      嬉野氏の頭の中をほんのちょっと覗けました。
      エッセイとしては、作家のようにそれを本職としている方々のような文章のような、決してスマートさはありませんが、何だか人柄がじんわりと滲み出ています。
      人気番組に携わっている人って、普通っぽさも勿論持っているのだろうけど、モノの見方、目線というか、捉え方が常人とは違うのだ、少なくとも私なら追求せずスルーしてしまうことにも引っかかりを持つものなのかも知れないと思いました。
      >> 続きを読む

      2021/03/19 by

      ぬかよろこび」のレビュー

    • 評価: 5.0

      水曜どうでしょうでおなじみ嬉野さんのエッセイ第2弾です。
      まず巻頭のグラビアでヤられます。写真に筆者の言葉が添えられていて、写真オンリーでもかなり良いのですが、これに一文それられることで一つ一つかなり心をえぐられます。
      内容も笑いあり、ほろりとくるエピソードありとどんどん読み進められました。
      水曜どうでしょうがらみのエピソードもありますがご存じなくても生き方のヒント満載で何度でも読み返したくなるのでは?
      読んで「ぬかよろこび」にはならない一冊です!

      2017/05/26 by

      ぬかよろこび」のレビュー

    • 評価: 5.0

      水曜どうでしょう、うれしーのエッセイ。どうでしょう秘話もアリ、グラビアも!?アリ

      2年前嬉野さんが初めて書いたエッセイのタイトルは「ひらあやまり」。そして、2年経って書き上げた本が「ぬかよろこび」実に報われないタイトル展開ですが、全然悲壮ではなく。むしろかなりほっこりです。
      巻頭に「幸運はいつもさ、他人からもたらされるものだと思うよ」という言葉が書かれている通り、嬉野さんが出会った、たくさんの「人」との出会いが時にくすっと、または涙をさそいながら、幸せになる秘訣を考えさせてくれるしあがりです。 肩肘張らなくてもニコニコしながらエピソードも楽しめるし、考えさせられる事もあり。
      もちろんどうでしょうのアフリカロケの秘話なんかもありますが、どちらかというとあとがきまで、自分の人生を自分でハンドリングする、手放さない事が幸福のコツだって事をおしえてくれる。
      手にとって、ぬかよろこび、させない一冊です。
      >> 続きを読む

      2017/05/25 by

      ぬかよろこび」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ぬかよろこび | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本