こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

黒猫の三角

カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 714 円

「野放しの不思議が集まる無法地帯」アパート阿漕荘の住人、保呂草探偵に奇妙な依頼が持ち込まれた。連続殺人鬼の魔手から一晩ガードして欲しい、というのだ。ここ数年、那古野市には「数字にこだわる」殺人犯が跋扈している。依頼人には殺人予告が送られていた!衆人環視の中、密室に入った依頼人の運命は。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「黒猫の三角」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      講談社 (2002/07)

      著者: 森博嗣

      他のレビューもみる (全4件)

      • 評価: 3.0

        ややこしい登場人物の名前、独特の言い回し、
        とにかく独特の雰囲気で、途中酔っ払いそうになりました。

        「天才」の主人公のわりには意外にあっけない結末、
        メインとなる事件のトリックの物足りなさが否めません。

        森博嗣ファンというわけでもない私には
        この本の面白さはわかりませんでした。
        >> 続きを読む

        2012/10/12 by

        黒猫の三角」のレビュー

      • ファンが多いということすら、全く知らない作家さんです。

        >「天才」の主人公のわりには意外にあっけない結末、

        こういうの、多いですよね。
        どうやら、作家のみなさんは「天才」というものを理解していないらしいですね。
        IQが高いことだけで天才とは言いませんし。

        宮部みゆきの「模倣犯」の結末もこの犯人バカ?と思いました。
        >> 続きを読む

        2012/10/12 by 月うさぎ

      • >Tsukiusagiさん

        >IQが高いことだけで天才とは言いませんし。

        その通りですよね。
        「天才」の定義が分からなくなりました。
        >> 続きを読む

        2012/10/15 by アスラン

      講談社 (1999/05)

      著者: 森博嗣

      • 評価: 5.0

        ようやくS&Mシリーズを読み終わったので

        続いてのVシリーズ第一作目のこちらを読みました。

        全シリーズも10作とかなりのボリュームで
        独特のリズムにもようやく慣れたと感じながら読み始めました。

        まずはキャラの名前。
        もう独特すぎてそれすらネタなのかと少し肩透かしをくらうようなスタートでした。(実はこの名前も少しネタを含んでいるのですが)

        森先生の独特の文章は相変わらずですが
        前シリーズとはまったくの別物。
        しかも謎解きの場面でも新たな驚きを与えてくれます。

        Vシリーズにも大きな期待がもてるスタートになりました♪
        >> 続きを読む

        2015/01/21 by

        黒猫の三角」のレビュー

      • 一作しか読んでないですが森作品面白いですね。
        今度はVシリーズですか、作品って巡り会いですよね。
        読破のニュースを楽しみにしています(^^)
        >> 続きを読む

        2015/01/21 by 空耳よ

      • 空耳よさん、ありがとうございます。

        森作品は一度はまったら抜け出せないです♪
        読破まではまた長い道のりですがご報告できるようがんばります(^ ^) >> 続きを読む

        2015/01/22 by MUSICA


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    クロネコノサンカク
    くろねこのさんかく

    黒猫の三角 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本