こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

0能者ミナト (9) (メディアワークス文庫)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 葉山透
定価: 616 円
いいね!

    「0能者ミナト (9) (メディアワークス文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      霊感、法力、神通力といった特殊な能力を一切持たず
      己の知恵と科学の力で怪異を解決する九条湊。

      大好きな湊シリーズ
      毎回弟が買って『はい、ね~ちゃん!!』と渡してくれる本(笑)
      今回はイマイチと言われたけど
      うん、まぁ~それは置いといて(/∀^)/
      よくこんな巨大な怪異を解決できたもんだ\(◎o◎)/



      今回は超ド級!!巨大な怪異・ダイダラボッチ!!
      神話の世界の怪異で神出鬼没、その身長は2000メートル
      その大きさで被害が出る始末
      怪異討伐の専門集団・御蔭神道や総本山も被害者が出て
      どう対応していいか分からない状態。
      そんな中、フリーランスの怪異退治・九条湊に
      公安調査庁調査第三部・米澤秀明が近づく。
      前に『死なない死刑囚』http://mixi.at/ahMXxrvの一件で面識がある2人。
      今回、公安はダイダラボッチ退治に九条湊と手を組むことに…


      相変わらずの口の悪さ態度の悪さで周りから反感を買う湊。
      今回の怪異は規模が大きく国すら動く事態になり
      湊は国の協力の元、科学の力と発想で立ち向かう。
      怪異に"量子力学"と"反物質"


      神話の巨人・ダイダラボッチ
      巫女である沙耶は退治をすることに葛藤があるけど
      悪意がなくても被害があるから仕方ないんだよね
      身近な人に危険が及んだ時におのずと本心が現れる(*^-゜)v


      今回こんなに怪異の規模が大きくなってビックリΣ(・ω・ノ)ノ!
      どこまで話が進むんだ?(笑)

      前に何かの本でシュレディンガーの猫の説明を読んだけど
      ?????な状態の私σ(^∇^;)ははー
      でも湊の説明でオオーw(*゚o゚*)wと納得!!さすが湊(≧ω≦)b OK!!

      >> 続きを読む

      2016/02/16 by

      0能者ミナト (9) (メディアワークス文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    0能者ミナト (9) (メディアワークス文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本