こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

空から降る一億の星

カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,260 円

三田の女子大生殺害事件を発端とする一連の殺人事件で、刑事・堂島完三(明石家さんま)は、コック見習いの片瀬涼(木村拓哉)に目をつける。彼には、見たものを一瞬にして記憶する特殊な才能があったのだ。完三の妹・堂島優子(深津絵里)は、西原グループの令嬢で彼女の親友の美羽とつきあっていた涼に、しだいに惹かれていく。不思議なことに、涼と優子には、同じような火傷の跡があった。第二、第三の事件が発生し、失われていた涼の記憶のパズルが、ひとつひとつ合わさっていく。そして、そこに浮かび上がってきたのは、思いもよらない真実だった...。衝撃のラスト!完全ノベライズ。

いいね!

    「空から降る一億の星」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ソラカラフルイチオクノホシ
    そらからふるいちおくのほし

    空から降る一億の星 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本