こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ジェノサイド

4.3 4.3 (レビュー38件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,890 円
いいね! tadahiko tomato chao kuuta ice chaos makoto mahalo pq1 kissy1986 sunflower hikaru ryoh3

    「ジェノサイド」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      おもしろかった!
      未来のSFとしてでなく現代を舞台にした、進化した人類の登場の物語!
      なかなか反響のある作品だそうですが、なかには反日、反アメリカ的etcの部分が気にくわないという意見があるようだけどそこら辺は気にならなかった。読みとばしちゃってもいいくらい。
      逆に進化した新人類目線では「国籍」も不要ではないかという後日談にも懸ってきて、現代人のチマチマした差別的性質や凶暴性との対比としてのエピソードに良いくらいじゃないですか?

      アメリカ、日本、韓国の共同出資でひとつ映画化を希望!

      2018/07/30 by

      ジェノサイド」のレビュー

    • 評価: 4.0

      小説の面白さというものが、先を読まずにいられない、という点であるならば、凄まじい吸引力を持った、最高に面白い作品だった。でも面白いという言葉がとてつもなく不謹慎と感じられる位に、非常に残虐な、目を背けたいエピソードてんこもりの、しんどい作品でもあった。フィクションではあるけれど、実際に様々な国で起きているであろう現実は、自分がいかに平和ボケしていて、遠い国の事と無関心でいた自分をぶん殴られたようなダメージだった。
      病気の子供を救うためのソフトGIFTを手に、自分の生存を脅かされながらも薬を作ろうとする主人公の美談で何とかバランスが取れるけれども、戦場の子供たちの取り返しのつかない魂の荒廃という言葉に、同じ子供でありながら受け取るGIFTの違いに愕然とする。惨殺とか強奪とか戦場でのレイプとか最悪なのは当然だが、それが戦争なのでしょう。自分の生身の手で人を殺さなくても、ボタン一つで爆撃や核戦争を起こすのも戦争だし、戦争で儲けてる人たちがたくさんいる以上、戦争は無くならない。そういう人たちを選挙で選ぶ市民ですら戦争に加担しているのかも。戦争をしない、という日本でも、いじめや様々なハラスメント、身近な人達の争いはあるわけで、この攻撃性は規模が小さいだけなのかも。

      超人類の人智を超えた作戦とか、テロリスト手配までされてる主人公がギリギリの所で難を逃れたりとか、そういう視点で読めば、驚愕しつつもエンターテイメントとして申し分ないのだが、しんどい。自分が日本に生まれた事、その中でも勿論苦しいことは山積みだが、それがいかにぬるく、余程の事が無ければ殺されたり殺したりせず、今日の食事もあり、安心して眠る事ができる、それはたまたま贅沢な状況に紛れ込めた、幸運でしかないのだなと思い知った。

      最後にちょっと気になった事。猿のボスが子猿を食べるシーンで日本人が撃った所。子猿を少しでも早く苦痛を取り除いてやりつつ、ボスも倒す、これに対して狂ったジャップって。確かにちょっと育ちが訳アリで屈折しているキャラクターですが、あのシーンに関しては、私でも撃ったかもしれません。それが正しかろうと正しくなかろうと。
      >> 続きを読む

      2018/03/27 by

      ジェノサイド」のレビュー

    • 珍しくハードカバーで読みました。

      ハリウッド映画的なスケールの大きさが印象に残っています。 >> 続きを読む

      2018/03/28 by ice

    • お二人ともコメント有難うございます。エンターテイメントとして読めば面白いんですけど、実際に起こっている戦争等、現実を考えると重いです。安全な場所で世界平和と言うのは簡単だけど、じゃあ何ができるのよ、と思うと難しいところです。 >> 続きを読む

      2018/04/02 by チルカル

    • 評価: 4.0

      590ページの長編小説を一体どうジャンル分けすればいいかわからない。新人類が登場することからSFとも言えるし、アメリカの狡猾さを描いているのでリアリティーとも言える。また新薬を創ることからサイエンスとも言える。最初は複数の話が同時進行するため、全体像がつかみにくいが、徐々に話が繋がっていきドキドキハラハラの連続に巻き込まれる。ちなみにジェノサイドとは大量殺戮のこと。

      2017/05/08 by

      ジェノサイド」のレビュー

    • 評価: 5.0

      面白かった!
      学術用語連発なのも気にならないくらいエンタメ。

      スケール大きい!
      読後感は爽快な映画鑑賞後に酷似。

      著者の歴史認識が入ってくる小さいエピソードが邪魔って評価もあるみたいで、確かにそう思うけどそれでも作品全体としては十分☆5。

      >> 続きを読む

      2016/07/01 by

      ジェノサイド」のレビュー

    • 評価: 5.0

      未来
      人間
      医療
      残虐性
      日本
      世界

      スケールの大きさに圧倒されました。
      後半に進めば進むほど物語の行方が気になり、
      本が離せませんでした。

      私たち人間の不思議さを再び学びました。


      ぜひみなさんにも読んでもらいたい本です。
      >> 続きを読む

      2015/11/09 by

      ジェノサイド」のレビュー

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    135人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ジェノサイド
    じぇのさいど

    ジェノサイド | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本