こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

鍵のかかった部屋

3.3 3.3 (レビュー8件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,680 円

自称・防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)榎本と、美人弁護士(実は天然!?)純子のコンビが、超絶トリックに挑む!貴志祐介にしか考えつけない、驚天動地の密室トリック4連発!密室ミステリの金字塔、ついに登場。

いいね! ooitee

    「鍵のかかった部屋」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      家族の本棚にこの小説がありました。

      貴志祐介さんの小説は何度か読んだこともあったので、今回貸してもらいました。

      なのでこのシリーズが、第三弾目とは知らず(笑)
      けれど、以前連続ドラマをやっていたので、このシリーズの事は知っていました。

      そんな私の様に、いきなりここから読んでも十分楽しめる小説となっています。

      けれど。
      先にドラマでこのシリーズの事を知っていて、そのイメージがついていたので、原作の違いに多少、戸惑いました。

      なんか、榎本さんと青砥さんのやり取りが、どこかコメディっぽく。
      今回の小説に入っている「密室劇場」という話は、特に感じました。

      今まで読んで来た貴志さんの小説と比べると、貴志さんらしくない小説だなぁと思いました。
      >> 続きを読む

      2018/05/22 by

      鍵のかかった部屋」のレビュー

    • 評価: 4.0

      防犯探偵榎本と弁護士青砥のコンビも3作目。
      さすがに型通りではなく、パターンを変えて4遍の事件を描く。

      「佇む男」
      妙な状態で置かれた死体がドアを塞いで密室を作っており、その謎に榎本が挑む。
      専門的な知識がないと解くことが出来ない領域になっているが、綺麗に謎は解明される。

      「鍵のかかった部屋」
      表題作だが、サムターン回しの異名をとる元犯罪者が甥と姪の挨拶へ。だが甥は練炭自殺を遂げてしまう。
      そこで部屋が密室なのだが、この理由付けがかなり込み入っており、関係者もトリックに必要だったという結末は驚く。

      「歪んだ箱」
      建設中の家が不良物件になり、その場で死体が。
      いかにして密室状態から犯人は脱出したのか。また犯人の弁護をしているのが青砥なので、時折二人が対立するのも面白い。

      「密室劇場」
      バカミス。この一言で充分(笑)
      >> 続きを読む

      2018/04/29 by

      鍵のかかった部屋」のレビュー

    • 評価: 2.0

      お馴染みの二人のかけ合い。シリーズ3作目、飽きてきたかな。

      2018/02/03 by

      鍵のかかった部屋」のレビュー

    • 評価: 3.0

      著作名を含む4編の短編推理小説集。全編に防犯コンサルタントの榎本と弁護士の青砥が登場する。事件は全て密室で発生し、榎本が鋭い観察眼で密室のカラクリを暴いていく。場合によっては図解を示すなどわかりやすさを心がけているように感じられる。複雑で難解なトリックがあるような推理小説が苦手な人にはおすすめである。

      2017/06/27 by

      鍵のかかった部屋」のレビュー

    • ドラマは観ました。

      そのため、嵐の大野くんのイメージでございます。

      2017/06/29 by ice

    • iceさん、コメントありがとうございます。
      私はそのドラマ知らないんですよ。

      2017/06/29 by konil

    • 評価: 4.0

      ドラマを観てから
      短編全部ドラマでやったやつかな
      おもしろかった
      当時のブログより

      2016/07/21 by

      鍵のかかった部屋」のレビュー

    • ドラマ面白かったですね。

      自分が佐藤浩市ファンなのに気付いた作品です。

      2016/07/22 by ice

    • >iceさん
      コメントありがとうございます
      ドラマもおもしろかったですよね。
      佐藤浩市さんはカッコいい役が多いけど、あんなとぼけた役もハマっちゃう。
      さすがな役者さんですよね。ロクヨンは、シブかったです。
      >> 続きを読む

      2016/07/22 by ゆ♪うこ

    もっとみる

    関連したレビュー

      角川グループパブリッシング (2012/03)

      著者: 貴志祐介

      • 評価: 4.0

        密室殺人の短編集!
        実際こんなに上手くいくのかなー?もしこんなに上手くいくようであれば、自殺で片付けられてる殺人もあるのではなんて思ってしまいまうほど。
        読みながら、どんなトリックなのかを考えていけて楽しかったです!

        2016/12/22 by

        鍵のかかった部屋」のレビュー

      • ちょっと怖そうですが、すごく面白そうです!
        現実ではそんなにうまくいかないことを望みます…… >> 続きを読む

        2016/12/22 by pan

      • 現実にあったらそれこれそ1番怖いですもんね、本だから楽しめます(о´∀`о)

        2016/12/22 by asa_chann


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    カギノカカッタヘヤ
    かぎのかかったへや

    鍵のかかった部屋 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本