こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

紫色のクオリア 2 (電撃コミックス)

4.0 4.0 (レビュー2件)
著者: うえお 久光
定価: 616 円
いいね!

    「紫色のクオリア 2 (電撃コミックス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      再読。

      再読しても内容の2割も理解できていない。
      ただ、それが悪い方に行く訳ではなくまた3度目読んだ時にどう感じどれくらい理解できるかという楽しみが増えたと今回読み終えて思えました。

      「クオリア」、この作品ではこの事を百聞は一見にしかずのようなものと説明されています。あとは「量子」「シュレディンガーの猫」「ミクロの世界で起きている事が何故マクロの世界では起きない」などSF要素がふんだんに詰め込まれています。実際この作品の中では無数にある平行世界の自分たちと協力して友達の死因を知りその死を食い止めるという目的を持って主人公の一番の親友はあらゆる世界を行き来する。その中で主人公を連れていった少女をある時は利用しある時は説得しある時は殺し自分も色々な事を試しある世界では殺され、またリセットしてその目的の為に平行世界に飛び込んでいく…友人を連れ去った「ジョウント」の目的は?人間がロボットに見える主人公ゆかりは何故に殺されなければながらなかったのか?そして、死因を突き止めゆかりをその死から主人公の一番の親友である波濤は防ぐことができるのか?

      ここまで説明書けたのが自分でもびっくりしています(笑)でも、これはこの作品のほんの序の口、前置きに過ぎません。物語はより複雑により異常な世界を突き進んでいきます。本当に読んでいて気持ちの良いものではないです。でも、でもね、引き込まれページを捲る手が止まらなくなるのでやはり作品の力が多大にあるんだなと再読して改めて思いました。

      正直この続きを読むのが知るのが怖いですがでも、やはり知りたいし読みたいです。だってここまで首を突っ込んでしまったから。まあ、再読だから結末知っているんだけどね(笑)

      いやぁ、とにかく情報量が凄い作品なのでいつもの倍近く読み終えるのに時間が掛かりました。でも、一切嫌な気持ちにはならずただただ夢中になって読んでいました。ああ、楽しかった!

      さて、しばらくしてから3巻を読むかすぐ読むか…

      今回も良い読書が出来ました!
      >> 続きを読む

      2019/04/05 by

      紫色のクオリア 2 (電撃コミックス)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      この作品って量子力学やシュレディンガーの猫、平行世界などSFの要素がふんだんに使われているけどよくよく話を追ってくとこの表紙絵の波濤マナブの復讐劇なんだよなと思う。

      主人公の毬井ゆかりは人と違う目を持つ。その目で見た人は皆ロボットに見える。その目を利用しようと海外の研究機関がゆかりを攫う。

      表紙絵の波濤マナブはある事件に巻き込まれ片腕を失くす。その片腕をゆかりがマナブの携帯電話を使って治す(直す、携帯電話を左腕に組み込み接合して)その日からマナブの腕から電話ができるようになる。

      攫われたゆかりを助けるべくマナブは必死にゆかりを攫った研究機関の手先(この娘は転校生でゆかりの存在、目の能力を知って研究機関に自分と一緒に引きこもうとする)に辿り着くために並行世界に居る自分たちと腕の携帯電話を使って渡っていく。(因みにその娘、アリスは実はゆかりが殺されるのを必死に助けようとする)

      マナブとゆかりは親友なわけだがマナブの執念、もう最後は怨念にも近い鬼気迫る感じで色々なものを犠牲にして並行世界を渡っていく様は凄まじい。そこまで例え親友だとしてもするか?と言う疑問はほぼこの作品だと愚問に近いのかもしれないが異様だ・・。

      結局ゆかりは殺されてしまうのだが、マナブは殺される前に並行世界を渡って行こうとする。そしてゆかりを殺そうとした奴らを罰しに行く。

      原作を読んだ時も凄まじい物を感じたがコミックだと絵が付く分尚更凄まじい。

      ぶっちゃけ科学な部分はほぼ分からないがひとつの物語としては凄くおもしろい。

      これ、3巻ものすごいんだろうな~。
      >> 続きを読む

      2015/03/29 by

      紫色のクオリア 2 (電撃コミックス)」のレビュー

    • cojiさん
      結構SF要素が強いので興味が有るならぜひ!
      原作も(小説で)あるのでそちらも機会があれば是非一読を! >> 続きを読む

      2015/03/29 by 澄美空

    • 空耳よさん
      そうなんです・・。2巻では殺される前に行って救うと言う决意をしたところで終わりました。腕が携帯電話になるという謂わばトンデモ設定ですがそれが後に役立つ筈?なので。続きは随分前に原作を読んだのですいません、忘れてしまいましたが、3巻で完結の筈なのでまた読みましたらレビュー書きます! >> 続きを読む

      2015/03/29 by 澄美空


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    紫色のクオリア 2 (電撃コミックス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本