こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

氷の国のアマリリス

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 683 円
いいね!

    「氷の国のアマリリス」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      極寒の氷河期により、全てが氷に閉鎖された世界で、人類は冷凍睡眠装置を発明し、まだ見ぬ未来に希望を託そうとする中、その維持とケアを任された副村長アマリリスを含むロボット達は、過酷な日々を送りながらも、再び人類と共に歩める未来を懸命に模索し障害に立ち向かう物語。

      凍てつく極寒の地で、細々と咲き誇るは温もりに満ちた一輪の花。

      生涯を共に歩み、絶対に離れたくない人がいる。

      その人と永らく共に過ごすためには、支払わければならない代償がある。

      それが、己の身を滅ぼす物であっても、純朴に祈り続ける事にきっと意味がある。 

      >> 続きを読む

      2019/10/30 by

      氷の国のアマリリス」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    コオリノクニノアマリリス
    こおりのくにのあまりりす

    氷の国のアマリリス | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本