こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

日独最終戦争1948

Tomorrow the world
カテゴリー: 小説、物語
定価: 840 円

光文23年(1948)、日本とドイツの2大帝国は、世界の覇権をかけて激突した。戦線が拡大の一途を辿る中、日本軍は陸海軍共同で、ドイツ軍がクウェートに保有する油田地帯を奪取すべく『サ号作戦』を開始する。一方、陸軍をオマーン半島に上陸させた日本海軍連合艦隊は、ドイツ太平洋艦隊を撃滅するために、インド洋を驀進する。そして、ついにマダガスカル沖において、『大和』『武蔵』『信濃』を擁する戦艦部隊と、ドイツ最新鋭艦「ビスマルク」級『ティルピッツ』『グナイゼナウ』率いる水上艦隊が激突した。戦艦対戦艦、大艦巨砲によるまさに殴り合いの死闘が、いま始まる。中東の覇権を征するのは果たしてどちらか。

いいね!

    「日独最終戦争1948」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ニチドクサイシュウセンソウ1948
    にちどくさいしゅうせんそう1948

    日独最終戦争1948 - Tomorrow the world | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本