こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

夜来る鬼

牙小次郎無頼剣
4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 660 円

いずこからともなくふらりと現れて、江戸の片隅に住み着いた素浪人・牙小次郎は、傍若無人な振る舞いで毒蛇姫と噂される、水戸徳川家の爛姫からいわれのない怒りを買って、自害に追い込まれた『井筒屋』の女中お清の怨みを晴らすべく、本所にある水戸家の下屋敷に巣身乗りこんだが...。馬庭念流の必殺の刃が、許せぬ悪を両断する―。

いいね!

    「夜来る鬼」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      図書館本。初読みの作家さん。

      江戸にふらりと現われて住みついた美男の素浪人が、許せぬ悪を成敗するシリーズ第一弾。四話収録。
      またひとつ面白いシリーズに出逢えたようで、ほくほくしている。

      主人公小次郎の生まれがすごい。
      小次郎の刀の刃には、菊の御紋が彫られている。
      江戸に現われたときには、千両の入った挟み箱を肩にかついでいた。

      たまたま知り合った纏屋石田の若後家小夏のはからいで、石田家の離れに住みつく。そうして出会った人々に降りかかった災難を見過ごせず、小次郎なりのおとしまえをつける。

      小次郎が菊の御紋を見せつけるシーンに、思わず水戸黄門を思い浮かべた。見せられた者は、もちろんひれ伏す。お約束の楽しい場面だった。

      >> 続きを読む

      2019/03/25 by

      夜来る鬼」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ヨルクルオニ キバコジロウブライケン
    よるくるおに きばこじろうぶらいけん

    夜来る鬼 - 牙小次郎無頼剣 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    紫の履歴書

    最近チェックした本