こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

裏柳生探索帳

カテゴリー: 小説、物語
定価: 670 円

下総・市川村の江戸川渡船場近くで、五体の遺骸が見つかった。幕府道中奉行勝手方・柳生久通の妾腹で、配下の斎藤欣史郎が探索に乗り出した。殺された五人は松前脱藩浪士で、旧藩の蔵から秘密物資を盗んだ一味であり、保管と分配をめぐって諍い、分派した者たちだった。そして、同士斬殺の背後には莫大な金塊の在処を印す業物が存在した。下手人を追い詰めてゆく欣史郎と、密かに助太刀する裏柳生惣目付とは...。著者渾身の新シリーズ第一弾。

いいね!

    「裏柳生探索帳」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ウラヤギュウタンサクチョウ
    うらやぎゅうたんさくちょう

    裏柳生探索帳 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本