こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

考える技術・書く技術

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 板坂 元
カテゴリー: 文章、文体、作文
定価: 777 円
いいね!

    「考える技術・書く技術」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      先般の「リーダーの本棚」を読んで、早速購入した本の中の一冊。

      考える技術・書く技術、とあるが、すべてはリンクしていて、
      いかに脳を使うか、毎日の生活の中でウォームアップとしての
      トレーニング方法を伝授してくれている。

      目次を見ただけでも、
      ●頭のウォームアップ、●視点、●読書、●資料整理
      ●文房具、●発想、●説得、●文章、●構成。

      そう、文房具のあり方まで、懇切丁寧に事細かに教えてくれる。

      ただ、私も永年に渡って実行している共通の事柄も多く。
      なるほどと、合点。

      読書法では、多情報の中からいかに選択するか、「いかに読むか」より、
      「いかに読まないか」の技術の方が大事だと・・。

      例えば、ベストセラーも耳学で済ます・・・(私もできるだけ避けていますが)。
      雑学のすすめ・・(たまに、ジャンルの拡がりを敢てしてますが・・偏りますな)。
      捨てる読み方、速読の仕方・・・・(結構、速いです)。
      反面の精読の工夫・・・・(読んだ後、直ぐに付箋の部分、要点を読み返しています)。。
      黄色いエンピツ(1973年の発刊ですから、今はマーカーですか)
      見出しつけとカードとり(まさに今、プログで要点をまとめているような)。

      そして、読む技術と考える技術、そして書く技術は、相互に影響しながら、
      脳を使う、脳を老いさせない、脳の寿命を伸ばす、身体はあちらこちら
      ガタがきてますが、脳だけはジム通いのつもりでトレーニング続けたいですな。


      >> 続きを読む

      2018/11/07 by

      考える技術・書く技術」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    カンガエル ギジュツ カク ギジュツ
    かんがえる ぎじゅつ かく ぎじゅつ

    考える技術・書く技術 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    無印良品とはじめるミニマリスト生活

    最近チェックした本