こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

歳月

5.0 5.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 980 円
いいね!

    「歳月」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      佐賀藩士江藤新平の壮絶な人生を描いた本です。私は4回程精読しました(笑)
      若くして苦学を重ね、佐賀藩士初の脱藩者として京都へ出て、政治情勢を分析し、それを一冊の観察記録本として残した。この記録本が藩主「鍋島閑叟」の目にとまり、彼の表舞台が用意されることになります。明治維新後は初の司法大臣としてその辣腕を示します。日本の法律を作成するため、毎日4時間も眠らなかったと言います。「君たちもナポレオンを見習え!!」と、部下を鼓舞していたようです。その後、征韓論に敗れて故郷の佐賀へ帰郷し、士族に担がれて佐賀の乱の党首にされてしまいます。もちろん、戦に関しては素人です。あえなく政府軍に鎮圧され土佐まで逃避しましたが、自らが作り出した警察組織のため捕縛されてしまいます。この自分が作り出した警察組織に捕縛されたことに対しては、満足していたようです。最後は大久保による個人の怨恨とも言える臨時裁判であっさりと斬首されてしまいました。しかし、司法において、正義を貫きとおすその姿はとても感心できます。なぜならば明治維新後の政治は薩長役人によって汚職にまみれていたからです。私個人の意見としてはもう少し、司法大臣としての江藤のその後の活躍を見てみたかったと思います。
      やはり、ハングリー精神からなるパワーをいうものはすごいものがあり、苦労しないとわからない点が山ほどあるということです。
      現在の二世議員や三世議員の方々はいかがなものでしょうかね。
      >> 続きを読む

      2012/11/20 by

      歳月」のレビュー

    • 私が無知なだけかもしれませんが、名も知られずに歴史に埋まっていく偉人達をピックアップした作品はとても価値が有ると思います。

      檜舞台は決して広くないので、そこに立てなかった(立ち続けられなかった)偉人達についても後世に残すべきだと思うから。
      >> 続きを読む

      2012/11/20 by ice

    • >現在の二世議員や三世議員の方々はいかがなものでしょうかね。

      政治家は世襲するようなもんじゃないと思いますけど、地元への利益誘導を叶えるために組織化すると、利権が集中するので、お家騒動みたいになっちゃうんでしょうね。

      お家騒動回避にはやっぱり世襲が一番でしょうし・・・
      >> 続きを読む

      2012/11/20 by makoto


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    サイゲツ
    さいげつ

    歳月 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本