こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

わたしは虚夢を月に聴く

The Night Watch under The Cold Moon
カテゴリー: 小説、物語
定価: 710 円

探偵の荘矢夏美が受けた、依頼人自身が“その人の名前も姿もほとんど思い出せない―”という奇妙な“人探し”。正体不明の「誰か」を探すうち、夏美は今いる世界の真実に目醒めていく...。月を跳ねるウサギ型のロボット。人智を超えた“敵”。冷凍保存された英雄。「鉄仮面」と呼ばれる超兵器―。嘘のような現実が月にあり、現実のような嘘が地球にある。これは、虚ろな夢の物語。上遠野浩平が描く青春SFの金字塔、“ナイトウォッチ”シリーズ第二弾。

いいね!

    「わたしは虚夢を月に聴く」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ワタシワキョムオツキニキク ザナイトウォッチアンダーザコールドムーン
    わたしわきょむおつきにきく ざないとうぉっちあんだーざこーるどむーん

    わたしは虚夢を月に聴く - The Night Watch under The Cold Moon | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本