こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

〈勝負脳〉の鍛え方

5.0 5.0 (レビュー3件)
著者:
カテゴリー: スポーツ、体育
定価: 735 円

もう負けたくない!脳外科の第一人者が贈る強く、しぶとく戦うための処方箋。

いいね!

    「〈勝負脳〉の鍛え方」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      漫画「Baby steps」を読んだことがある人は、本書を読んで「勝負脳」のという知能がまるで主人公・えいちゃんのことを言っているように感じると思う。結果に焦点を当てるのではなく、望む結果になるためには今どうしたら良いかに焦点を当てる方が勝負に強くなるポイントだと本書で語られている。まさにえいちゃんのテニス試合への取り組み方と重なるので面白い。また本書では脳の疲労を取り除く方法やどのような気持ちで日常生活を過ごしたら良いのか、脳だけではなく心の在り方まで言及されている。少し本書に対して構えてしまう人は、最初から読むのではなく「あとがき」にまず目を通してみると、本書が出来上がる過程が分かり本文に入りやすい。 >> 続きを読む

      2018/06/05 by

      〈勝負脳〉の鍛え方」のレビュー

    • 評価: 5.0

      勝負脳

      脳外科医が科学的観点から学習法や成功法、運動の上達法などを書いた本

      色々な方法論を特にスポーツと関連させて書いており学生の頃に読んでおけば良かったと思った。

      最近読んだ脳活本のなかでは一番のアタリだった

      刺激になったところは
      ・脳外科医が手術に失敗しないために常に行っているトレーニングとして挙げた方法の一つで
      決断と実行の的確さが大切。失敗したときはその理由を丁寧に記録し何度も記憶をたどる作業を繰り返すという部分で
      失敗との向き合い方がわかった

      ・運動とは6つあるアウトプット能力の一つで脳を鍛えれば運動能力は上がるという部分。
      自分がいかにインプットばかりをしてきてアウトプットをしていなかったかを痛感した

      ・自己啓発書などにある成功するイメージさえ持っていれば必ずそこに辿り着けるというのを
      科学的にサイコサイバネティックス理論という理論をもとに解説している部分。
      科学的に説明されることで改めて成功へのイメージが大切なんだなと実感した

      ・静止している状態の時の姿勢は常に真上に飛び上がることができる姿勢をすることで安定するという部分。
      姿勢が悪いので参考になった

      ほかにも脳を疲れさせない方法や運動の達人になる方法、記憶法などかなり目から鱗な情報が沢山あって為になった。
      >> 続きを読む

      2016/02/02 by

      〈勝負脳〉の鍛え方」のレビュー

    • 評価: 評価なし

      79ページ: 人間が行動を起こして目標を達成するためには、次の三つの作業が必要になります。1.目的と目標を明確にする。2.目標達成の具体的な方法を明らかにして実行する。3.目標を達成するまで、その実行を中止しない。こんな簡単なことならいわれなくてもわかっている、と思われるかもしれません。しかし私たちは日常、こんな簡単なことさえできない生き方をしているのです。

      2015/03/19 by

      〈勝負脳〉の鍛え方」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ショウブノウノキタエカタ
    しょうぶのうのきたえかた

    〈勝負脳〉の鍛え方 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本