こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

あいつとララバイ

ステップ 青春 すとーりー
4.0 4.0 (レビュー2件)
著者: 楠 みちはる
定価: 387 円
いいね!

    「あいつとララバイ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      あいつとララバイ 第1/全39巻

      明るい不良と、ちょっと勝気なお嬢さんの出逢い。

      残念ながら高校時代には免許さえ持っていなかったが、単車と恋♪が青春だったなぁと記憶を反芻してしまった。

      1981~1989年に連載されていた青春マンガ。

      リアルタイムでは知らないのだが、単車に興味を持ちだしてからは、「バリバリ伝説」と、この「あいつとララバイ」はいつか通しで読みたいと思うようになった作品。

      どちらも大学時代に最初の方を少し読んだくらいで頓挫していたので、今回久々に1巻を手に取って、非常に懐かしく、また非常に新鮮でも有った。

      著者の、楠みちはる氏は、結構お気に入りのマンガ家さんで、この後に手掛ける「シャコタン☆ブギ」も中学時代から好きだったし、最近のヒット作品「湾岸ミッドナイト」も、近い内に読もうと予定している作品のひとつだ。


      高1で留年したナナハン(カワサキZ2)を乗り回す、明るい不良、菱木研二。
      新たに高校に入学して来た佐藤友美。

      2人は入学前に出逢っており、教室で始めて顔を合わせた瞬間からラブコメが開始する。

      この作品でも研二は不良では有るが、この世代における単車の位置付けを正しく描いていると思う。
      ワルっぽいとか、速さを競うとか、そんなんは二次的な要素で、モテたいから乗るし、乗るとモテると。
      ここをシンプルに描いてくれているので、非常に素直に当時の気持ちに戻れる気がする。

      ◆おまけ
      この作品の映画版は、少年隊の映画初主演作品らしく、錦織一清が主演を務めている。

      ちなみに、バイクが出て来るマンガで何が一番好きかと言えば「湘南爆走族」。これは当確なのである。
      >> 続きを読む

      2013/06/20 by

      あいつとララバイ」のレビュー

    • バイクだけでなく、若い人のクルマ離れも多いらしいですよ。

      2013/06/20 by opapi

    • 学生の時バイクを買おうと計画したのですが、当時住んでいたマンションにバイクを駐車できる場所がなくて断念しました(笑) >> 続きを読む

      2013/06/20 by yope

    • 評価: 4.0

      バリバリ伝説と同時期に読んでいたバイクマンガ。

      最近はバイク乗りもメッキリ減って来てつまらない上、ビッグスクーターの台頭なんかも有って、ネイキッドに乗っている人を見ると話かけたくなって来るほど。

      もはや古き良き時代の遺物かもしれないけど、時々読み返しては心躍らしている。

      2011/12/21 by

      あいつとララバイ」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    アイツト ララバイ
    あいつと ららばい

    あいつとララバイ - ステップ 青春 すとーりー | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本