こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ヒトはイヌとハエにきけ

異種間コンタクトの方法
4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 一般動物学
定価: 1,575 円

ハリウッドの「聖フランシス」と呼ばれた伝説的人物の名著!!全生命とのコミュニケーションの実践と哲学。

いいね!

    「ヒトはイヌとハエにきけ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      動物に意志がないなんて、長く動物と暮らした人は誰も信じないでしょう。
      言葉を超えた、というよりも、言葉を得ることで人間が失った能力について、気づかせてくれる。そんな本です。

      著者J.アレン・ブーンは新聞記者から映画プロデューサーになり、「ストロングハート」という非常に賢い犬を預かる経験をして、動物と意思を通わせるということがいかなることかを悟ります。

      キリスト教的な「万物の霊長」神話を信じている人には受け入れられない考えかもしれないですが、キツネがお使いだったりする日本の文化には、そう馴染みのない考えでもないのでは?

      私が最も共鳴するのは、「心」は「脳」にあるのではない。
      という部分です。
      人間の脳に対する過信は多くの不幸の源だと思うし、
      身体と精神を切り離して精神を上位と考える思想は間違いだと思っているので。
      この本は非常に面白いと思う。

      ハエの「フレディー」とも意思疎通が可能となり、アリにもメッセージが通じたという話までは、
      信じるか否かは読んでご判断いただければ、と思いますが。


      「ヒトはイヌとハエに聞け」は、「動物はすべてを知っている」という題名で文庫化されていそうですが、
      インパクトは、「イヌとハエ」の方が強いですよね。
      >> 続きを読む

      2012/02/27 by

      ヒトはイヌとハエにきけ」のレビュー

    • makotoさん 映画のHACHIを観たのですが大泣きしてしまいました。
      知っている話だから平気と思ったのですが、犬の演技にやられました。

      この本もストロングハートという有名な俳優犬との関わりから生まれた本です。
      超賢い犬が自分を新しい認識の世界へ導いてくれた。
      と著者は言っています。
      >> 続きを読む

      2012/09/20 by 月うさぎ

    • tomomoさん
      難しい部分は全然なくて楽しく読める本ですよ。お気楽にどうぞ。
      ストロングハートという超賢くて有名な俳優犬を預かって、暮らした数日間からお話しは始まります。
      犬だけでなく、ハエ、ハチ、アリにまでその試みがなされ、(アリは困難だったそうです)
      異種間の精神的感応による意志の疎通は可能だと自信を深めます。
      自分にはそういうマネはできませんが、考え方としては理解も賛成もできます。
      >> 続きを読む

      2012/09/20 by 月うさぎ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ヒトワイヌトハエニキケ イシュカンコンタクトノホウホウ
    ひとわいぬとはえにきけ いしゅかんこんたくとのほうほう

    ヒトはイヌとハエにきけ - 異種間コンタクトの方法 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本