こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

発火点

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,995 円

12歳の夏―。浜に倒れていたあの人。母のため息。家に寄りつかない父。―そして事件は起こった。21歳の今、あの夏の日々を振り返る。刑期を終えたあの人が帰ってくる...。罪と罰の深淵を見つめる魂の軌跡。

いいね!

    「発火点」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      敦也は12歳の夏に父を殺された。
      それ以来敦也は境遇を機にされてか孤独のまま21歳を迎える。
      その年父を殺した犯人が仮釈放されたと聞く。

      怒りなのか復讐なのかという展開になりそうだが、描かれるのはあくまでも敦也中心。
      現在と12歳を交互に描いていき、家族と知り合いになった容疑者がなぜ父殺しに走ったのか。

      この犯人の動機と共に、敦也の人間としての成長も描かれる。
      定職にもつかない中で、周囲の人間を落胆させていく。
      その中で過去との訣別を付けるため、容疑者と向き合うことに。

      犯人の言い分に疑問はあるが、概ね満足な出来。
      >> 続きを読む

      2018/10/29 by

      発火点」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ハッカテン
    はっかてん

    発火点 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本