こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

千の風になって

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー:
定価: 1,050 円

悲しみの中で読みつがれてきた、一篇の詩があった。9・11米国、同時多発テロで、父親を亡くした11歳の少女が、一周忌に朗読した。IRA(アイルランド共和軍)のテロで命を落とした24歳の青年が、“私が死んだときに開封してください”と両親に託した手紙の中に、この詩が入っていた。女優マリリン・モンローの二十五回忌に朗読された。朝日新聞『天声人語』が紹介し、大反響となった“死と再生の詩”。作者不明の英語詩を、作家・新井満が日本語詩に。「千の風になって」をめぐる長編エッセイも同時収録。原詩/作者不明。

いいね!

    「千の風になって」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      --秋には光になって 畑にふりそそぐ
      冬はダイヤのように きらめく雪になる
      朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
      夜は星になって あなたを見守る--


      子どもが産まれて、子どもと多く会話するようになって、
      不思議と、詩に親しみたいという気持ちが強まりました。

      会社では難しい研修が頻繁にあって、一流の講師達は、
      月に10冊読めとか、古典に精通しろとか、トレンドは常に追えとか、
      色々アドバイスくれるのですが、
      どうにも自分には響かず。

      一文字、一行に愛着を持って本を読む子になってほしいし、
      自分もよりそうなっていきたいと、この頃よく思います。


      この詩は、穏やかなメロディと併せてとても好みです。
      元々は英語の詩(詠み人知らず)だったと知らず、
      今回、英詩全文と、綺麗な写真がセットになっているこの本を買いました。
      気に入っています。

      思えば昨日は父親の命日でした。
      千の風というほどではないですが、親の言葉とか姿というのは、死んだ後でも身近に覚えているものです。
      自分もそういう親でありたいと思います。
      >> 続きを読む

      2017/08/26 by

      千の風になって」のレビュー

    • こんな本があるとは、知らなかった。いつか読んでみたいものです。

      2017/08/27 by rock-man

    • rock-manさん

      コメントありがとうございます。
      英語の原文も、写真も素敵ですよ~。 >> 続きを読む

      2017/08/27 by フッフール


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    センノカゼニナッテ
    せんのかぜになって

    千の風になって | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本