こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

白洲次郎占領を背負った男

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 個人伝記
定価: 1,890 円

日本でいちばん格好いいといわれている男・白洲次郎。明治三五年に兵庫県で生まれ、英国へ留学。戦後、吉田茂の側近として日本国憲法制定の現場に立会い大きく関与した。しかし、彼は表舞台には立たずに、在野精神というダンディズムを貫き通すのであった。初めて知る方にもお勧めの白州次郎評伝決定版。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「白洲次郎占領を背負った男」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      近衛文麿、吉田茂から認められ、終戦から復興まで、日本の方向性を定めるために、
      獅子奮迅の活躍をした白洲次郎の話。国内のみならず海外の日本担当からも一目置かれ、
      GHQの言いなりにならず、日本国憲法の制定にも尽力した。
      日本国憲法の制定において、自国の立場を守るために表に立って闘いつつ、アメリカから英語で突き付けられた文章に対し、アメリカの意図を翻訳の語彙選びで交わしながら日本の主張を進めていくというようにあらゆる手段で日本を守った。
      敗戦国においての日本人の矜持、また今の国の成り立ちについても学ばされた >> 続きを読む

      2011/02/26 by

      白洲次郎占領を背負った男」のレビュー

    • NHKで特集されていたのを観た記憶が有ります。

      敗戦国とは言え、国家の窓口を担当する誇りに満ち溢れていた方のようですね。

      現代日本の礎を築いた偉人でも有りますし、ルックスも非常に垢抜けていますので、もう少し取り上げられる機会が増えれば良いなぁと思っています。
      >> 続きを読む

      2012/07/14 by ice

    • この人ダンディなんですよねー

      ゲッツ!!の人じゃなくて・・・

      2012/10/30 by makoto


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シラスジロウセンリョウオセオッタオトコ
    しらすじろうせんりょうおせおったおとこ

    白洲次郎占領を背負った男 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本