こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

名前探しの放課後

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,470 円

「あいつだ。俺、思い出した」「あいつ?」「クリスマス・イヴの終業式の日の自殺者。あいつに間違いないよ。今日、全部、思い出した」“誰か”の自殺を止めるための“名前探し”も大詰めに。容疑者を見守る緊迫感、友だちと過ごす幸福感の両方に満ちたやさしい時間が過ぎ、ついに終業式の日がやってくる―青春ミステリの金字塔。

いいね!

    「名前探しの放課後」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      大切な人

      時間
      達成感
      自信


      人は変わることができる。
      人は生き方を選ぶことができる。
      知らず知らずのうちに自分で檻を作り、その中で生きようとする。
      時間や環境、財政や周りの目といったことを気にする生きものだ。
      檻を作ったほうが安心、安全、楽だから。それ以上知らなくても困らないから作る。
      でも少しずつでも何か違うものを触ったり、見たりすると何かが変わると私は思う。今のまますごすのも楽でいいのかもしれないが
      最高な人生にはならないと思う。
      >> 続きを読む

      2016/02/12 by

      名前探しの放課後」のレビュー

    関連したレビュー

      講談社 (2010/08)

      著者: 辻村深月

      他のレビューもみる (全3件)

      • 評価: 5.0

        おもしろかったーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

        これだけビックリマーク付けて伸ばしても足りない。

        ☆が5しか付けられないのが悔しい。

        それくらい、いやそれ以上面白かった。

        もう、辻村さん大好き!もう、なにこの読後感・・ちょーハッピー!!

        多分この面白さは、体験したものは言葉では語れないし、持ちあわせていない。もう、兎に角凄い、素敵な作品!もう、みんなに読んで欲しい!
        そして感動を楽しさを共有したい!

        いつかくんとあすなちゃん。とてもお似合い♪

        まさか、ラストでああいう真実が隠されているとは!?

        まんまと騙された。でも、騙されて良かったというか、こういうのがあるからおもしろい、辻村さんの作品を好きになり読むんだよな。

        この作品に出てくる人達に色々と教わったし、良い子、良い人達計りでもう・・涙が・・。

        いつか、あすな、秀人、甘木、椿、河野、小瀬、松永、三山、絢乃。

        このメンバー、最強だよ!!!もうみんな大好き!!!

        良いよな~。この名前だけ観てても全然飽きないし、直ぐ物語に入っていける、そして思い出して・・(´Д⊂グスン

        いやあ、この「名前探しの放課後」は自分の中の辻村さん作品で一番だな。もう、下巻の冒頭読んだ時点でもう面白かったし、最高傑作になるなと予感してた。当たりましたよ!最高傑作!!

        SFものでもある今作だけど矢張り人間描写、心理描写、青春描写がずば抜けていたし、ミステリの部分もしっかり練られていて文句の付けようがない!多分SFものだけ好きな人でも、ミステリだけ好きな人でも楽しめると思う。

        この作品「神作品」です!

        最後のラスト5行くらいでもう十分掴まれているのに更に心を鷲掴みにされた!

        なんだよー!あのラスト!!もうニヤニヤが止まりませーん笑

        面白かった。ほんとに面白かった。

        この作品も薦めて頂いたあすかさん有難うございました!
        また素敵な読書体験が出来ました!

        あー!読み終わるのが勿体無かったのに読み終えて仕舞ったー!!

        ああ、この余韻に暫く浸ろう。
        >> 続きを読む

        2015/05/15 by

        名前探しの放課後」のレビュー

      • 「冷たい校舎~」は長いですよー!
        辻村作品で一番長いかもしれません。
        多分今書いたなら、キャラクターやエピソード含めいろいろすっきりさせるんだろうなーと思います。でもデビュー作ですから。とにかく書きたいものをたくさんつめこんだ、そんな本です。

        名前探しメンバー、子どもたちは夜と遊ぶメンバー、スロウハイツ、冷たい校舎生徒たちの順でキャラクター好きなので、この作品の思い入れ度は若干低い方かな。でもこの本のスピンオフ「ロードムービー」も「光待つ場所へ」がとってもいいので、ぜひぜひ読んでみてくださいー!!

        >今度はマブダチのアマゾン君ではなく新しい友人の所に行って借りてきます。
        アマゾン君~!
        美空さんが浮気してるーーーーー∑(゚□゚;)
        >> 続きを読む

        2015/05/18 by あすか

      • あすかさん
        そうなんですね。
        でも、大丈夫です!今まで辻村さんの作品全部当たりでしたから!!

        ふむふむ。そうなんですね。了解です!実は「光待つ場所へ」はちょっと前ここまで辻村さんの作品にハマる前に購入してたんですよね。だから「冷たい校舎の時は止まる」を読み終われば直ぐ読めるんです笑

        あ~、まあ、浮気といいますか苦笑
        まあ、マブダチ、理解ってくれますよ笑
        そんなに酷いやつじゃないんで。で、新しい友人のところへ行って「冷たい校舎の時は止まる」交渉したんですが、残念ながら決裂しまして(;_;)結局マブダチの所で纏まりました。

        矢張りなんだかんだ言ってマブダチすげーですよ笑

        只、新しい友人のところもこれから積極的に利用じゃなかった、遊びに行こうと思います!
        >> 続きを読む

        2015/05/18 by 澄美空


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ナマエサガシノホウカゴ
    なまえさがしのほうかご

    名前探しの放課後 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ねずみくんのチョッキ

    最近チェックした本