こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

虚夢

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,575 円

通り魔事件によって娘の命は奪われた。だが犯人は「心神喪失」状態であったとされ、罪に問われることはなかった。心に大きな傷を負った男は妻とも別れてしまう。そして事件から4年、元嫁から突然、「あの男」を街で見たと告げられる。娘を殺めた男に近づこうとするが...。人の心の脆さと強さに踏み込んだ感動作。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「虚夢」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      久しぶりの現代小説。1日で読めますね。一気!

      何の罪もない幼い娘が通り魔(精神病による幻覚でパニックになっている青年)に殺される。罪は軽減されて今もこの街にいるかもしれない・・・。

      罪を犯す人はみんな心の病気です。というか、人間はみんなある程度の心の病気(怒り、落ち込みetc 煩悩ともいう)をもっている。そして、状況によってはいつ罪を犯す側になるかもしれない。この母親が娘を殺した犯人を殺そうと決めてしまうように。

      だから、司法は罪を犯した人間の”心の病気を治すため”にあるべきだと思う(少なくとも今後罪を犯さないように)。刑務所ではどんな教育(治療)がされているのか知らないけど、期間を決めて収監しても病気が治ってないなら延長するとか・・・。「心神喪失」なら、ちゃんと治さなきゃ。「心神喪失」であることで罪(やったこと)が軽減されるのはおかしいね。逆差別じゃない?
      罪(悪行為)は罰せられる(誰に?)、ということではなく、やってしまった悪行為は事実としてその結果がやった自分に戻ってくるということ。反省して心を入れ替えて(治して)、謝って被害者(やその家族)の心の傷が癒えるまで善行為をし続けるしかない。

      罪ではなく悪い行為。罰ではなく治す。事実は事実。償いは必要。行為の責任は行った本人にある(悪因悪果、自業自得)。 

      刑務所は決められた期間入ってればいいってもんじゃない。大事なのはそこでいかに心を入れ替えられるか。きれいな心になっているか。まあ、今の社会だときれいな心で出てくる人もいれば、くっそ~と反対に怨みを募らせて出てくる人もいるだろうけど、どっちにしても、人を表面で判断して差別しないことですね。(お釈迦様の教えを学んだらどうでしょう?)

      すべての人間を差別せず、偏見をすてて、慈しみの心で接することです。

      法律は恨みを晴らしたり、見せしめにするためのものであってはいけないのではないかと思います。(抑止効果と言われるけど、要は見せしめ、脅しですからね)

       殺すなかれ

      社会やシステムを変えるために”悪行為”をしてはいけません。元も子もなくなります。



      母親も、犯人も、現実から逃げた夫もみんな気の毒です。
      最後、え~!?そうだったのか~~って思います!!
      救いのある話でよかった。

      おもしろいです。
      >> 続きを読む

      2014/09/23 by

      虚夢」のレビュー

    • > 虚夢

      「はてしない物語」だ!と思ったのですが、あちらは「虚無」でしたね...

      2014/09/24 by ice

    関連したレビュー

      講談社 (2011/05)

      著者: 薬丸岳

      他のレビューもみる (全3件)

      • 評価: 4.0

        被害者と加害者と法律
        薬丸岳が得意とするこれら三者の関係を問題定義した作品
        被害者、加害者の心の内
        法の盲点

        今回は刑法三十九条
        『心神喪失者の行為は、罰しない。心身耗弱者の行為は、その刑を減軽する。』

        通り魔に幼い娘を殺された
        犯人は心神喪失者とされ罪に問われることはなく事件は終結する
        夫婦は共に心に傷を負い離婚する・・・・・
        数年後、元妻が、街で娘を殺した犯人とすれ違い・・・・・というお話

        ストーリーは刑法三十九条を問題視しながら進む
        しかし、佳境に入ったその時!!!
        ミステリーとしての最後のどんでん返しには驚愕
        前半で感じる人間性は一片でしかないことに気づかされる
        気づいた時にはもう遅い!
        物語の世界は別物へと変わる!!!!
        すべての登場人物に注目だ!!!!!

        第六章で語られる元妻の手紙
        全ての読者が自問自答するのは間違いない
        当事者ではない自分に出せる答えなどないのだろうけど・・・・・・
        >> 続きを読む

        2014/11/03 by

        虚夢」のレビュー

      • >ミステリーとしての最後のどんでん返しには驚愕
        >物語の世界は別物へと変わる!!!!

        めちゃめちゃ面白そうです!!
        これは期待できそう♪
        >> 続きを読む

        2014/11/03 by chao


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    キョム
    きょむ

    虚夢 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本